もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナカワノ ユカ職 位准教授所 属 国際人文学部
 国際交流学科
氏  名川野 有佳
主  な  学  歴
年  月事         項
1994年08月
(平成6年)
マンチェスター大学ポストグラデュエイトディプロマ 開発学(入学)
1995年06月
(平成7年)
マンチェスター大学ポストグラデュエイトディプロマ 開発学(修了)
1995年08月
(平成7年)
マンチェスター大学大学院 開発学研究科 修士課程(入学)
1997年02月
(平成9年)
マンチェスター大学大学院 開発学研究科 修士課程(修了)
1997年02月
(平成9年)
マンチェスター大学大学院 応用社会科学(社会政策およびソーシャルワーク)研究科 博士課程(入学)
2002年04月
(平成14年)
マンチェスター大学大学院 応用社会科学(社会政策およびソーシャルワーク)研究科 博士課程(取得)
主  な  職  歴
年  月事         項
1990年06月
(平成2年)
マレーシア工業開発庁(MIDA)
1997年06月
(平成9年)
マンチェスター大学大学院 応用社会科学(社会政策およびソーシャルワーク)研究科
1997年09月
(平成9年)
シナサイモンカレッジ(マンチェスター)
2001年04月
(平成13年)
城西国際大学 国際文化教育センター 研究員
2005年10月
(平成17年)
城西国際大学 人文学部 講師
2008年04月
(平成20年)
城西国際大学 国際人文学部 助教
2009年09月
(平成21年)
城西国際大学 国際人文学部 准教授
2011年04月
(平成23年)
城西国際大学 NGO・NPO支援センター所長
学会及び社会における活動等
所属学会 
年  月事         項
2002年10月
(平成14年)
国際開発学会 (現在に至る)
2004年10月
(平成16年)
日本南アジア学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2002年04月
(平成14年)
博士
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・開発学、地域研究(南アジア、インド)、ジェンダー研究
・南アジア、インド、ジェンダー、国際開発、国際協力
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
ベトナム研修のプランニングとJASSO奨学金の申請、報告書の作成等2018年02月
(平成30年)
ベトナム研修2017を企画し、姉妹協定校への連絡やその他訪問先への日程調整などを行なった。9月に研修を実施(9月7日−17日の11日間)。実施後に報告書を作成、また2018年度のJASSO奨学金の申請、報告書を作成した。次年度のベトナム研修2018も採択された。ベトナム研修に参加した学生は、基礎ゼミをはじめ、東京・お台場でのグローバルフェスタでも活動報告として、発表を行った。
国際協力への理解促進2018年03月
(平成30年)
学生サークルである国際開発研究会の顧問として、学生研究活動助成金を申請、採択された。それにより、当研究会の年間の活動計画をたて、指導を行った。また指導の一環として、東京・お台場で開催されるグローバルフェスタへの出展をサポートし、会場での展示や口頭発表の指導を行なった(2017年9月30日ー10月1日の2日間)。展示は両日、また9月30日は、活動報告を会場にて30分実施、それに向けての指導を行った。
2.作成した教科書、教材  
作成した教材2015年03月
(平成27年)
担当する科目「開発と女性」では、教材として各テーマに沿ったプリントを独自に作成、配布した。講義についてより深い理解が得られるよう活用した。
3.教育上の能力に関する大学等の評価  
学生による授業評価を踏まえて2018年03月
(平成30年)
中間アンケートおよび期末授業アンケートの内容を踏まえ、授業内容の見直しを適宜行い、改善できるところは改善した。学生からのコメントで、予習・復習をしなかったという声が聞かれたため、できる限り毎回、課題を提出し、復習するように促した。
4.実務の経験を有する者についての特記事項  
香取市公開講座「今、世界はー国際ボランティアに取り組む学生たちへの活動支援」2014年12月
(平成26年)
近年にみられる国際ボランティアについて紹介し、本学の学生が実際に取り組む様々なボランティア活動について解説した。それらの諸活動を体験することにより得られる様々な力・能力について取り上げ、それらがいかに実社会のなかで活きてくるか、活かされるかを検討するとともに、これらの活動を支援することの教育的意義について考察した。
インド・マドラス大学大学院にて特別講義を実施2017年08月
(平成29年)
インド・マドラス大学大学院にて、社会人類学および女性学専攻の学生を対象に、特別講義を実施。テーマは"Tradition and gender in Japan: Off-limit for women" (90分)
つくもたいむ「多文化共生」アジアの多文化社会を担当(成東高等学校)2017年10月
(平成29年)
成東高等学校の高校生を対象に、「アジアの多文化共生社会(ベトナム)」をテーマとした授業をおこなった。ディスカッションを取り入れながら、1コマ90分実施した。
クラーク記念国際高等学校での高大接続(英語での模擬授業)2017年12月
(平成29年)
高大接続の模擬授業として、クラーク記念国際高等学校にて「世界について学ぼうーLet's explore the world」をテーマとした開発教育に関する授業を50分を2コマ、英語で実施した。
つくもたいむ「多文化共生」アジアの多文化社会を担当(成東高等学校)2018年10月
(平成30年)
成東高等学校の高校生を対象に、「アジアの多文化共生社会(ベトナム)」をテーマとした授業をおこなった。ディスカッションを取り入れながら、1コマ90分実施した。
クラーク記念国際高等学校での高大接続(英語での模擬授業)2018年11月
(平成30年)
高大接続の連携授業として、クラーク記念国際高等学校にて「世界について学ぼうーLet's explore the world」をテーマとした開発教育に関する授業を50分を2コマ、英語で実施した。
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
地域への貢献2017年03月
(平成29年)
千葉県内で実施されているフードバンクちばに賛同し、生活に困窮する家庭に食品を届ける活動を実施した。また、その現状を把握するために、実際にフードバンクちばを訪問した。同様に東金市内にあるNGOを訪問し、現状の把握に努めた。
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(著書)
1.『Collective Action for Empowering Dalit Women in Rural Tamil Nadu (インド・タミルナドゥ州農村部のダリット女性をエンパワーするコレクティヴ・アクションについての考察)』共著2005年12月
(平成17年)
Women and Empowerment: Experiences from South Asian Countries (UNISTAR出版)PP.150-167 
2.『Changing Views on Marriage, Family and Work among University and Graduate Students in Two Metropolitan Areas in India: A Survey (インド2都市在住の大学生および大学院生にみられる結婚、家族、労働についての意識の変遷:調査から)』共著2011年12月
(平成23年)
International Conference on Women and Development: Issues and Initiatives (Punjabi University, Patiala出版会)
PP.10-27 
(学術論文)
1.「A Review of the Concepts of Empowerment and Women's Empowerment Projects in South Asia (エンパワーメント概念と南アジアにおける女性のためのエンパワーメント・プロジェクト再考 」単著2003年10月
(平成15年)
城西大学国際文化教育センター紀要 Vol.9 pp.39-58
 
2.「Building up our Knowledge of GAD from the Perspective of the Marginalised: An Examination of Grassroots Groups among Dalit Women (ジェンダーと開発(GAD)の知を南の周縁化された女性の視点から再構築する:インド・ダリット女性による草の根の組織を事例として)」単著2003年12月
(平成15年)
Journal of Asian Women's Studies Vol.12 pp.78-95 
(翻訳)
1.「ナラティヴ・神話・ジェンダー:フィリピン映画における国民意識の転覆」共訳2001年11月
(平成13年)
RIM(Pacific Rim Women's Studies Association Journal)環太平洋女性学研究会会誌RIM 第4巻1号pp42-51 
2.「戦後アメリカにおける犯罪、女性とフィルム・ノワール」共訳2002年12月
(平成14年)
RIM (Pacific Rim Women's Studies Association Journal) 環太平洋女性学研究会会誌RIM 第5巻1号pp.40-59 
3.「『アメリカにみるジェンダーと消費についての歴史的視座 1875−2000年』」共訳2003年04月
(平成15年)
RIM (Pacifit Rim Women's Studies Association Journal)
環太平洋女性学研究会会誌RIM 第5巻2号
pp.27-42 
(学会発表)
1.「女性の連帯と眼差しの行方:Dr. Babasaheb Ambedkar Marathwada大学改名に纏わるNamantar運動を事例として」単独2006年10月
(平成18年)
日本南アジア学会 (専修大学) 
2.「Changing Views on Marriage, Family and Work among University and Graduate Students in Two Metropolitan Areas in India: A Survey」単独2010年03月
(平成22年)
International Conference on Women and Development organised by Women's Studies Centre, Punjabi University, Patiala, India 
(講演・公開講座等)
1.「今、世界はー国際ボランティアに取り組む学生たちへの活動支援」共同2014年12月
(平成26年)
香取市公開講座 
2.「Tradition and Gender in Japan: Off-limit for women」単独2017年08月
(平成29年)
インド・タミルナドゥ州チェンナイ 
マドラス大学大学院社会人類学・女性学専攻
 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
(1)インド・フェミニズム運動とダリット女性解放運動の連携と分断を巡る社会学的研究研究代表者2004年04月
(平成16年)
科学研究費補助金
萌芽研究(A)
研究番号16651121
2004〜2007年度 
もどる