もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナオオツカ マサミ職 位教授所 属 経営情報学部
 総合経営学科
氏  名大塚 正美
主  な  学  歴
年  月事         項
1983年03月
(昭和58年)
日本体育大学体育学部体育学科(卒業)
主  な  職  歴
年  月事         項
1983年04月
(昭和58年)
株式会社ナイキジャパン販売促進課入社
1986年03月
(昭和61年)
株式会社ナイキジャパン販売促進課退社
1986年05月
(昭和61年)
茨城県鹿島郡神栖町立第一中学校講師
1987年09月
(昭和62年)
茨城県鹿島郡神栖町立第一中学校講師退職
1987年10月
(昭和62年)
亜細亜大学 学生部学生課嘱託
1988年04月
(昭和63年)
亜細亜大学 教養部助手
1993年04月
(平成5年)
亜細亜大学 教養部講師
1997年04月
(平成9年)
亜細亜大学 教養部助教授
2000年09月
(平成12年)
城西国際大学 人文学部 国際文化学科 助教授
2002年04月
(平成14年)
城西国際大学 学生部副部長
2008年04月
(平成20年)
城西国際大学 経営情報学部 総合経営学科 教授
学会及び社会における活動等
所属学会◎日本体育学会

年  月事         項
2010年04月
(平成22年)
日本体育学会

 (現在に至る)
2010年04月
(平成22年)
日本スポーツ産業学会 (現在に至る)
2010年04月
(平成22年)
レジャー・レクリエーション学会 (現在に至る)
2010年04月
(平成22年)
ランニング学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
 特になし
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・トレーニング方法
・トレーニング・健康・こころとからだ
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
意欲を持たせる為の取り組み2018年03月
(平成30年)
半期ごとに実施される期末試験以外にも、授業内で小テストを数回実施することで、授業外で学習するきっかけを与えている。また、授業に関係する本を自分で選び、感想文を提出することや、ゼミ等でも期日までに調べて発表する機会を設けている。
2.作成した教科書、教材  
作成した教材2018年03月
(平成30年)
生涯スポーツ概論時に使用するノートで、この内容を基準に授業を進めている。
3.教育上の能力に関する大学等の評価  
評価について2018年03月
(平成30年)
随時、行っている。
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
地域ボランティア2018年03月
(平成30年)
陸上教室の開催、地域の清掃活動への参加等
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(著書)
1.『セルフコーチ・ランニング』単著2013年11月
(平成25年)
株式会社文芸社 
(学術論文)
1.「体育の歴史と役割」共著2011年03月
(平成23年)
城西国際大学紀要  第19巻 第1号 経営情報学部pp.137〜145 
2.「大学女子長距離選手の最大酸素摂取量、vVO2maxおよびOBLAの変化」共著2017年03月
(平成29年)
「城西国際大学紀要」第25巻第1号(経営情報学部)抜刷 
3.「シニア・ウエルネス大学受講生の入学時における体力」共著2018年03月
(平成30年)
城西国際大学紀要」 第25巻第1号(経営情報学部)抜刷 
(講演・公開講座等)
1.「日立市体育協会講演「地域とスポーツ」」単独2015年05月
(平成27年)
久慈交流センター多目的室 
2.「スポーツ振興について」単独2016年03月
(平成28年)
大網白里市市役所別館 
3.「神栖市市民カレッジ 『いきいき健康体操』」単独2016年07月
(平成28年)
神栖市中央公民館 
4.「神栖市スポーツレクリエーション祭」単独2017年10月
(平成29年)
神栖運動公園 
5.「勝田マラソン」単独2018年01月
(平成30年)
ひたちなか市役所 
(フィールドワーク等)
1.「はじめてのマラソントレーニング」共同2014年04月
(平成26年)
東京都江東区 
(その他)
1.「教育実習の手引」共同2012年04月
(平成24年)
城西国際大学 教職課程運営員会p.55 頭髪・服装チェックシート 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる