もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナナカジマ マサオ職 位教授所 属 メディア学部
 メディア情報学科
氏  名中嶋 正夫
主  な  学  歴
年  月事         項
1978年04月
(昭和53年)
千葉県立東葛飾高等学校 普通科(入学)
1981年03月
(昭和56年)
千葉県立東葛飾高等学校 普通科(卒業)
1981年04月
(昭和56年)
明治大学 工学部 電子通信工学科(入学)
1985年03月
(昭和60年)
明治大学 工学部 電子通信工学科(卒業)
1985年04月
(昭和60年)
明治大学大学院 工学研究科(入学)
1987年03月
(昭和62年)
明治大学大学院 工学研究科(卒業)
主  な  職  歴
年  月事         項
1987年04月
(昭和62年)
学校法人明治大学
2001年04月
(平成13年)
城西国際大学 経営情報学部 講師
2002年04月
(平成14年)
人文学部 講師
2005年04月
(平成17年)
メディア学部 講師
2007年04月
(平成19年)
メディア学部 助教
2008年04月
(平成20年)
メディア学部 准教授
学会及び社会における活動等
所属学会◎社団法人情報処理学会
年  月事         項
1986年10月
(昭和61年)
社団法人情報処理学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
1984年06月
(昭和59年)
普通自動車第一種免許
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・情報学,電気電子工学
・情報学基礎,ソフトウエア,知能情報学,通信・ネットワーク工学,システム工学
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
ものつくりを重視した実践的教育2010年04月
(平成22年)
メディア関連の科目においては,ものつくり(コンテンツ作り)を重視した。ゼミにおいては,2足歩行ロボットを制作することで,問題解決やグループワークを実践的に教育した。
1年次生向け大学の基礎能力養成の取り組み2012年01月
(平成24年)
メディア制作ゼミIにおいて,メディア学部の学生として必要な基礎能力,たとえばコミュニケーション力,問題発見・解決能力,プレゼンテーション能力,情報処理能力を養成するための教育プログラムを構築し実践した。ゼミノートを書かせることにより,自身の振り返りやアドバイザー教員がより細かく学生のキャリアパスを把握できた。
2年次生向け基礎能力養成プログラムの実施2016年04月
(平成28年)
メディア学部2年次生向けの基礎ゼミIIの授業において,資格取得,ポートフォリオ,レポート作成能力,グループワーク,プレゼンテーション能力をテーマとして,教育プログラムを構成し,実施した。ゼミノートに活動状況や課題を記入させることにより,自身の振り返りやアドバイザー教員がより細かく学生のキャリアパスを把握できた。
教育用コンテンツのWebサイトへ公開2016年04月
(平成28年)
担当科目について,PDF化した講義資料や実習授業におけるサンプルファイル,参考になるWebサイトのURL,課題レポートの概要等を教育用Webサイトを構築し,学生がいつでもどこでもアクセスできるよう構築した。毎年,教育内容の変化に応じてリファインを行っている。
2.作成した教科書、教材  
教材のPDF化2016年04月
(平成28年)
授業で利用するテキストを独自に作成したり,副教材を作成し,最終的にはPDF化し,教育用Webサイトのコンテンツとして公開した。これは,授業アンケートや,情報技術の発展に即して,常にリファインしている。
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
学童保育の父母の会会長2010年04月
(平成22年)
学童保育所において,父母の会会長に選出され,運営や定例会,市の連絡協議会への参加を通じ,学童保育の環境改善を目指している。
みのりの郷との共同教育2016年07月
(平成28年)
みのりの郷へのインターンシップを担当し,みのりの郷の発展,および近隣市町のPRコンテンツを作成した。
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(学術論文)
1.「タブレット型デバイスの教育利用についての研究」単著2011年03月
(平成23年)
城西国際大学紀要 第19巻5号 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる