もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナアキモト マサユキ職 位教授所 属 薬学部
 医療薬学科
氏  名秋元 雅之
主  な  学  歴
年  月事         項
1970年04月
(昭和45年)
獨協学園高等学校(入学)
1973年03月
(昭和48年)
獨協学園高等学校(卒業)
1974年04月
(昭和49年)
城西大学 薬学部 薬学科(入学)
1978年03月
(昭和53年)
城西大学 薬学部 薬学科(卒業)
1978年04月
(昭和53年)
城西大学大学院 薬学研究科(博士課程)(入学)
1983年03月
(昭和58年)
城西大学大学院 薬学研究科(博士課程)(卒業)
主  な  職  歴
年  月事         項
1983年04月
(昭和58年)
大正製薬株式会社
2003年04月
(平成15年)
大正富山医薬品株式会社(大正製薬より出向)
2004年04月
(平成16年)
城西国際大学 薬学部 教授
2009年04月
(平成21年)
薬学部長
2010年04月
(平成22年)
薬草園(大多喜町)園長
2010年04月
(平成22年)
ラジオアイソトープセンター所長
学会及び社会における活動等
所属学会◎日本薬物動態学会、◎日本薬学会、◎日本薬剤学会、日本ビタミン学会
年  月事         項
2016年01月
(平成28年)
日本薬物動態学会 (現在に至る)
2016年01月
(平成28年)
日本薬学会 (現在に至る)
2016年01月
(平成28年)
日本薬剤学会 (現在に至る)
2016年01月
(平成28年)
日本ビタミン学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2011年03月
(平成23年)
衛生検査技師
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
 
 
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
医療薬剤学?2010年04月
(平成22年)
3年生、全15回(うち、プレスメントテスト1回、実力確認演習試験1回、実力試験1回)で薬物速度論について演習をまじえて講義した。医療現場における速度論の意義を含めて、プラクティカルな講義となるようにした。
医療薬剤学演習2012年10月
(平成24年)
医療薬剤学演習のプリントを一部改訂し、薬物代謝学を充実させた。演習問題についてもリニューアルして、学生の学習の進捗に合わせた。
医療薬剤学?2015年04月
(平成27年)
課題を10回にわたり提供し、全学生の課題を添削し返却した。前年度より定期試験の平均点が10点あまり増加した。授業評価は4.1と高かった。
医療薬剤学演習2015年09月
(平成27年)
国試問題から相互作用に関する問題を抽出し、演習で取り組ませた。平均点は70点以上と高くなった。また、授業評価は4.0以上であった。
医療薬剤学?2017年11月
(平成29年)
医療薬剤学?の代謝部分を担当し、薬物代謝や毒性と代謝活性化の関連を資料を用いて理解できるように努めた。
物理化学2017年12月
(平成29年)
1年次学生に対して物理化学を平易に理解できるように努めた。授業アンケートはほぼ4であり、良好であった。
2.作成した教科書、教材  
医療薬剤学? プリント2010年04月
(平成22年)
3年生の薬物速度論の要点集となるべき教材と演習問題の作成。
1年生医療薬学基礎ゼミにおける薬学計算の基礎ドリル2010年05月
(平成22年)
薬物速度論に必要な対数計算やべき乗計算などのドリルの作成。
医薬品開発論2012年09月
(平成24年)
4年生選択:23名
医薬品開発論のプリントを改訂し、薬物間相互作用やDDSについて新たに項目をおこして、講義を行った。
演習と解説「薬物動態」2016年10月
(平成28年)
薬学生が自分で学習できる薬物動態学の平易な問題集を作成した。
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
セミナー共催2010年08月
(平成22年)
九十九里医療セミナーの共催窓口として、活動した。
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(学術論文)
1.「Drug-carrier Property of albumin microspheres in chemotherapy ?.
 Effect of microsphere-entrapped 5-fluorouracil on Ehrlich ascites carcinoma in mice」
共著1979年06月
(昭和54年)
J. Pharm. Dyn. 2巻P.350−P.355
Sugibayashi K, Akimoto M,
Morimoto Y, Nadai T, and Kato Y.
共著(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
2.「5-Fluorouracilを含有したアルブミン小球体のEhrlich腹水癌および固形癌に対する持続的抗腫瘍効果に関する研究」単著1981年03月
(昭和56年)
城西大学大学院薬学研究科 (修士論文)P.1〜P.40 単著 
3.「Drug-carrier property of albumin microspheres in chemotherapy ?.
 Antitumor effect of single-shot or multiple-shot administration of microsphere-entrapped 5-fluorouracil on Ehrlich ascites or solid tumor in mice.」
共著1981年10月
(昭和56年)
Chem. Pharm. Bull.
28巻、10号
P.3087−P.3092
Morimoto M, Akimoto M,
Sugibayashi K, Nadai T, and Kato Y.共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
4.「Spectrophotometric Analysis for Fluolo- uracil in Biological Fluids」共著1982年02月
(昭和57年)
Pharmazie 36巻、 H-2P.155−P.156
Morimoto Y, Akimoto M,
Sugibayashi K, Nadai T and KatoY. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
5.「The development of a magnetic emulsion as drug carrier.」共著1983年02月
(昭和58年)
J. Pharm. Dyn. 5巻s-15
Akimoto M and Morimoto Y. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
6.「Dispersion state of protein-stabilized magnetic emulsions.」共著1983年08月
(昭和58年)
Chem. Pharm. Bull.
30巻8号
P.3024−P.3027
Morimoto Y, Akimoto M and Yotsumoto Y.
共著(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
7.「Use of magnetic emulsion as a novel drug carrier for chemotherapeutic agents.」共著1984年01月
(昭和59年)
Biomaterials 4巻P.49−P.51
Akimoto M and Morimoto Y. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
8.「Magnetic guidance of ferro-colloid-entrapped emulsion for site-specific drug delivery」共著1984年01月
(昭和59年)
Chem. Pharm. Bull.
31巻1号
P.279−P.283
Morimoto Y, Sugibayashi K and Akimoto M 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
9.「制癌剤含有磁性エマルションの調製と癌化学療法への応用」単著1984年03月
(昭和59年)
城西大学大学院薬学研究科 (博士論文)P.1−P.86 単著 
10.「抗癌剤含有アルブミン小球体の有用性」共著1985年05月
(昭和60年)
『日癌治. 』19巻5号P.1121−P. 1122
森本雍憲,杉林堅次,夏目秀視,大橋智子,秋元雅之 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
11.「Application of magnetic emulsions for sustained release and targeting of drugs in cancer chemotherapy」共著1986年04月
(昭和61年)
J. Controlled Release 1巻
P.205−P.215
Akimoto M, Sugibayashi K and Morimoto Y. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
12.「Intestinal absorp- tion enhancement of Coenzyme Q10 with a lipid microsphere.」共著1987年04月
(昭和62年)
Arzneim-Forsch./Drug Res. 36巻4号P.689−P.690
Ozawa Y, Mizushima Y, Koyama I,
Akimoto M, Yamagata Y, Hayashi
H and Murayama H. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
13.「Evaluation of sustained-release granules of Chlorphenesin Carbamate in dogs and humans.」共著1993年04月
(平成5年)
Int. J. Pharm. 100巻P.133−P.142
Akimoto M, Furuya A, Maki T,
Yamada K, Suwa T and Ogata H.
共著(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
14.「Release and absorption characteristics of chlorphenesin carbamate sustained-release formulations:in vitro-in vivo and in vivo dog-human correlations.」共著1995年02月
(平成7年)
Int. J. Pharm. 117巻P.31−P.39
Akimoto M, Furuya A, Nakamura
M, Maki T, Yamada K, Suwa T and
Ogata H. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
15.「Evaluation of gastrointestinal transit controlled- beagle dogs as a suitable animal model for bioavail- ability testing of sustained-release acetaminophen dosage form.」共著1995年09月
(平成7年)
Int. J. Pharm. 119巻P.1−P.10
Yamada K, Furuya A, Akimoto M,
Maki T, Suwa T and Ogata H.共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
16.「Retention mechanism of imidazoles in connective tissue ?. Binding to elastin.」共著1996年12月
(平成8年)
Drug Metab.Dispos.24巻12号P.1291−P.1297
Ohta K, Yamaguchi J, Akimoto M,
Fukushima K, Suwa T and Awazu
S.共著 (共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
17.「Retention mechanism of imidazoles in connective tissue ?. Activation of Imidazoles in cuproascorbate system for irreversi ble binding formation with aortic tissue in vitro.」共著1998年03月
(平成10年)
Biol. Pharm. Bull.
21巻3号
P.308−P.310
Ohta K, Yamaguchi J, Akimoto M,
Kohno Y, Fukushima K, Suwa T
And Awazu S.共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
18.「Retention mechanism of imida- zoles in connective tissue ?. Aldehyde adducts formation of a 4(5H) (or 5(4H))- imidazolone product in vitro.」共著1998年09月
(平成10年)
Biol. Pharm. Bull.
21巻9号
P.958−P.963
Ohta K, Yamaguchi J, Akimoto M, Kohno Y, Fukushima K, Suwa T And Awazu S.共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
19.「Pibutidine Hydro- chloride, 3-amino-4- [[(Z)-4-[[4-(piperidinomethyl)-2-pyridyl]-oxy]-2-butenyl]amino]-3-cyclobutene-1,2-dione monohydrochloride (IT-066) の体内動態(第1報):ラットにおける単回投与後の吸収、分布および排泄.」共著1999年04月
(平成11年)
『薬理と治療 』
27巻4号
P.63−P.85
新井正行,長瀬靖子,佐々木毅典,太田勝二,片岡賢司,秋元雅之,樋口昭平 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
20.「Pibutidine Hydrochloride, 3-amino-4- [[(Z)-4-[[4-(piperidino-methyl)-2-pyridyl]-oxy]-2-butenyl]amino]-3- cyclobutene-1,2-dione monohydro- chloride (IT-066) の体内動態(第2報):ラットにおける経口投与後の胎児・乳汁移行性および反復投与時の体内動態.」共著1999年04月
(平成11年)
『薬理と治療 』
27巻4号
P. 87−P.97
新井正行,長瀬靖子,佐々木毅典,太田勝二,片岡賢司,伊藤千寿,秋元雅之,樋口昭平 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
21.「Pibutidine Hydro- chloride, 3-amino-4- [[(Z)-4-[[4-(piperidino-methyl)-2-pyridyl]-oxy]-2-butenyl]amino]-3-cyclobutene-1,2-dione monohydro- chloride (IT-066) の体内動態(第3報):イヌにおける単回投与後の吸収、分布および排泄.」共著1999年04月
(平成11年)
『薬理と治療 』
27巻4号
P.99−P.104
新井正行,長瀬靖子,秋元雅之,樋口昭平 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
22.「Pibutidine Hydro- chloride, 3-amino-4- [[(Z)-4-[[4-(piperidino-methyl)-2-pyridyl]-oxy]-2-butenyl]amino]-3-cyclobutene-1,2-dione monohydro- chloride (IT-066) の体内動態(第4報):ラットにおける単回投与後の吸収、分布および排泄.」共著1999年04月
(平成11年)
『薬理と治療 』
27巻4号
P.105−P.118
新井正行,長瀬靖子,神宮茂司,秋元雅之,樋口昭平 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
23.「Pibutidine Hydro- chloride, 3-amino-4- [[(Z)-4-[[4-(piperidino-methyl)-2-pyridyl]-oxy]-2-butenyl]amino]-3-cyclobutene-1,2- dione monohydro- chloride (IT-066) の体内動態(第5報):ラットにおける代謝.」共著1999年04月
(平成11年)
『薬理と治療 』
27巻4号
P.119−P.142
新井正行,長瀬靖子,佐々木毅典,
神宮茂司,山口順一,河原志都子,
秋元雅之,樋口昭平 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
24.「Pibutidine Hydro- chloride, 3-amino-4- [[(Z)-4-[[4-(piperidinomethyl)-2-pyridyl] oxy]-2-butenyl]amino]-3-cyclobutene-1,2- dione monohydro- chloride (IT-066) の体内動態(第6報):シクロブテン環14C標識体のラットにおける吸収、分布および排泄.」共著1999年04月
(平成11年)
『薬理と治療 』
27巻4号
P.143−P.150
新井正行,長瀬靖子,佐々木毅典,太田勝二,秋元雅之,樋口昭平 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
25.「Pibutidine Hydrochloride, 3-amino-4-[[(Z)-4-[[4-(piperidinomethyl)-2-pyridyl] oxy]-2- butenyl]amino ]-3-cyclobutene-1,2-dione monohydro- chloride (IT-066) の体内動態(第7報):シクロブテン環14C標識体のラットにおける代謝.」共著1999年04月
(平成11年)
『薬理と治療 』
27巻4号
P.151−P.169
新井正行,長瀬靖子,佐々木毅典,加藤幸司,秋元雅之,樋口昭平 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
26.「Identification of human cytochrome P-450 isoforms involved in metabolism of R(+)- and S(+)- and S(-)-gallopamil: utility of in vitro disappearance rate.」共著1999年11月
(平成11年)
Drug Metab.Dispos.27巻11号P.1254−P.1259
Suzuki A, Iida I, Tanaka F,
Akimoto M, Fukushima K, Tani M,
Ishizaki T and Chiba K.共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
27.「Gastric pH profiles of beagle dogs and their use as an alternative to human testing.」共著2000年03月
(平成12年)
Eur. J. Pharm.
Biopharm. 49巻
P.99−P.102
Akimoto M, Nagahata N, Furuya
A, Fukushima, Higuchi S and
Suwa T. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
28.「28. Population pharma- cokinetics and phar- macodynamics of TS- 943 for selective nonpeptide platelet glycoprotein 2b/3a receptor antagonist in normal healthy subjects.」共著2000年05月
(平成12年)
Clin. Pharmacol. Ther. 67巻P.489−P.497
Furuya A, Kato N, Jingu S,
Akimoto M, Higuchi S, Suwa T and Ogata H. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
29.「Pharmacokinetic and pharmacody- namic analysis of TS-943, a selective nonpeptide platelet glycoprotein (GP2b/ 3a) 2b/3a receptor antagonist, using a nonlinear mixed- effect model in dogs.」共著2002年10月
(平成14年)
J. Pharm. Pharmacol. 54巻P.921−P.927
Furuya A, Nozawa M, Gotoh J,
Jingu S, Akimoto M, Higuchi S,
Suwa T and Ogata H. 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
30.「CYP isoforms involved in the metabolism of Clarithromycin: Comparison between the identifycation from disappearance rate and that from formation rate of metabolites」共著2003年09月
(平成15年)
Drug Metab. Pharmacokin.
18巻2号
P.104-P.113
Akio SUZUKI, Izumi IIDA, Mitsuyo
HIROTA, Masayuki AKIMOTO,
Shohei HIGUCHI, Toshio SUWA,
Masayoshi Tani, Takashi ISHIZAKI,
and Kan CHIBA 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
31.「Comparison of stepwise and simultaneous estimations of population pharmacokinetics and pharmacodynamics of TS-943」共著2003年10月
(平成15年)
Eur. J. Drug Metab. Pharmakokin.
28巻3号
P.191-P.199
A.Furuya, N.Kato, S.Jingu, M.Akimoto, O.Kasai, T.Suwa, M.Sato, and H.Ogata 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
32.「S-oxidation of S-methyl-esonarimod by flavin-containing monooxygenases in human liver microsomes」共著2003年12月
(平成15年)
Xenobiotica,
33巻12号
P.1221-P.1231
N.Ohmi, H.Yoshida, H.Endo, M.Hasegawa, M.Akimoto and S.Higuchi 共著(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
33.「Catalytic roles of
CYP2C9 and its variants (CYP2C9*2 and CYP2C9*3) in lornoxicam 5’-hydro- xylation.
共著2004年01月
(平成16年)
Drug Metab. Dispos.
32巻1号
P.7-P.9
Izumi Iida, Atsunori Miyata, Masayuki Arai, Mitsuyo Hirota, Masayuki Akimoto, Shohei Higuchi, Kaoru Kobayashi, Kan Chiba 
共著(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
34.「The in vitro meta- bolism of desgly- midodrine, an active metabolite of prodrug midodrine by human liver microsomes.」共著2004年09月
(平成16年)
Eur. J. Drug Metab. Pharmakokin.
29巻3号
P.179-P.180
Masayuki Akimoto, Izumi Iida, Hiroki Itoga, Atsunori Miyata, Shizuko Kawahara, and Yoshiro Kohno 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
35.「Conversion of FAD and Riboflavin in Plasma: Effects of Measuring Method」共著2006年08月
(平成18年)
Biol. Pharm. Bull.
29巻8号
P.1779-1782
Masayuki Akimoto, Yuko Sato, Toshimi Okubo, Hiroaki Todo, Tetsuya Hasegawa, Kenji Sugibayashi 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
36.「 Pharmacokinetic Profile of Flavin Adenine Dinucleotide, and Riboflavin Following Intravenous Administration of Riboflavin or Its Coenzymes in Rats」共著2007年06月
(平成19年)
J. Health Sci.,
53巻3号
P.1-P.7
Masayuki Akimoto, Yuko Sato, Eiichi Nemoto, Hiroaki Todo, Tetsuya Hasegawa, and Kenji Sugibayashi 共著
(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
37.「『苦味物質に及ぼすゼリー状嚥下補助食品のマスキング効果』

 (苦味マスキングに関する評価 第2報)
共著2010年04月
(平成22年)
FOOD FUNCTION, 6巻1号pp.8-15,加賀谷隆彦、井上岳、綾美咲、松本かおり、長谷川哲也、濱田ひかり、秋元雅之、厚田幸一郎、杉林堅次(共同研究につき本人担当部分抽出不可) 
38.「アンブロキソール塩酸塩小児用ドライシロップ製剤の味覚評価
 後味に関する評価 第1報」
共著2010年04月
(平成22年)
医学と薬学,63(4):pp.623-629, 加賀谷隆彦, 綾 美咲, 秋元雅之, 厚田幸一郎,共同研究につき本人担当部分抽出不可能 
39.「薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した六年制薬学教育における学生の達成感に関する自己評価の一例
 An example of self-evaluation of a sense of achievement by students in 6-year pharmacy school with the model core curriculum of pharmaceutical education」
共著2013年01月
(平成25年)
薬学雑誌 yakugaku zasshi
新垣知輝、小柳順一、中村洋、平田隆弘、太田篤胤、秋元雅之、白幡晶、光本篤史,133,141-8 
40.「The inhibitory Effect of kakkonto, japanese traditional (kammpoo)Medicine, on brain penetration of Oseltamivir carboxylate in Mice Reduced Blood-Brain Barrier Funcion」共著2015年08月
(平成27年)
Hindawi
Evidence-Based Complementary andAlternative Medicine
p.1−p.11
Ohara K, Oshima S, Fukuda N, Ochiai Y, Maruyama A, Kanamuro A, Negishi A, Honma S, Oshima S, Akimoto M, Takenaka S, and Kobayashi D
共著(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
41.「有食米のポリフェノール含量と抗酸化能の測定」共著2016年07月
(平成28年)
The Journal of Holistic Sciences Vol.10, No.2 受理
Hasegawa T, Kikuchi E, Nagasaki T, Matsumoto K, Hori S, Akimoto M
共著(共同研究につき本人担当部分抽出不可) 
42.「Comparative Release Studies on Suppositories using the Basket, Paddle, Dialysis Tubing, and Flow-Through Cell Methods.
 I. Acetaminophen in a lipophilic base suppository」
共著2016年10月
(平成28年)
Pharmaceutical Development & Technology2016, Sep. 30:1-6.
Seiichi HORI, Tsubasa KAWADA, Sanae KOGURE, Shinako YABU, Kenji MORI, and Masayuki AKIMOTO
共著(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
 
43.「The in vitro release of indomethacin from suppositories: Effects of bases and comparison of different dissolution methods.」共著2017年03月
(平成29年)
Chem. Pharm. Bull., accepted
(日本薬学会)
Kenji Mori, Seiichi Hori, Tubasa Kawata, Sanae Kogure, Kaori Matsumoto, Tetsuya Hasegawa, and Masayuki Akimoto 
(学会発表)
1.「Evaluation of the Taste of Value-Added Generic Drugs by a Taste Sensor」共同2010年04月
(平成22年)
JAPhA2010, p.299. p.299.,Iizuka T, Kagaya T, Tamaki T, Kakuyama A, Miyazaki T, Kido M, Akimoto M, Atsuda K, Yoshiyama Y(共同研究につき本人担当部分抽出不可) 
2.「イソソルビド内用液製剤を希釈することによる味覚に及ぼす影響」共同2010年05月
(平成22年)
日本薬剤学会第25年会(徳島)加賀谷隆彦、藤原大、橋口一弘、松本かおり、長谷川哲也、秋元雅之、厚田幸一郎(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
3.「市販イソソルビド内用液製剤のヒト味覚官能試験による比較検討」共同2010年06月
(平成22年)
日本ジェネリック医薬品学会第4回学術大会 (埼玉)加賀谷隆彦、藤原大、薄井健介、松本かおり、長谷川哲也、秋元雅之、吉山友二、厚田幸一郎(共同研究につき本人担当部分抽出不可) 
4.「国際感覚を兼ね備えた薬学生・薬剤師を育てるプログラム開発の試み」共同2013年03月
(平成25年)
日本薬学会第133年会(横浜) 
5.「国際感覚を兼ね備えたセルフメディケーションを支える薬剤師を育てるプログラム開発の試み」共同2013年06月
(平成25年)
慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス 
(その他)
1.「LPS誘発血液脳関門機能低下マウスのBBB機能および死亡率に対する漢方製剤投与の影響」共著2017年03月
(平成29年)
城西国際大学大学院紀要大原厚祐、小林大介、秋元雅之
(共著につき担当部分抽出不可能)
第20号、p59-67(2017).
 
2.「LPS誘発血液脳関門機能低下マウスにおけるイブプロフェンの脳移行性に及ぼす葛根湯併用の影響」共著2017年03月
(平成29年)
城西国際大学大学院紀要第20号、p.31−36(2017).
大原厚祐、小林大介、秋元雅之
(共著につき担当部分抽出不可能)
 
3.「坐剤針入度試験装置を使用した直腸適用坐剤の軟化時間測定」共著2017年03月
(平成29年)
城西国際大学大学院紀要堀聖一、松本かおり、森健二、長谷川哲也、秋元雅之
(共著により担当部分抽出不可能)
第20号、p.69-77(2017). 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる