もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナハセガワ テツヤ職 位教授所 属 薬学部
 医療薬学科
氏  名長谷川 哲也
主  な  学  歴
年  月事         項
1986年04月
(昭和61年)
城西大学 薬学部 薬学科(入学)
1990年03月
(平成2年)
城西大学 薬学部 薬学科(卒業)
1990年04月
(平成2年)
城西大学大学院 薬学研究科 博士前期課程(入学)
1992年03月
(平成4年)
城西大学大学院 薬学研究科 博士前期課程(卒業)
1996年09月
(平成8年)
博士(薬学) 熊本大学薬学研究科(取得)
主  な  職  歴
年  月事         項
1992年04月
(平成4年)
城西大学 薬学部 助手
2004年04月
(平成16年)
城西国際大学 薬学部 講師
2007年04月
(平成19年)
城西国際大学 薬学部 准教授
2017年04月
(平成29年)
城西国際大学 薬学部 教授
学会及び社会における活動等
所属学会 
年  月事         項
1990年04月
(平成2年)
日本薬学会 会員 (現在に至る)
1991年04月
(平成3年)
日本薬剤学会 会員 (現在に至る)
1991年04月
(平成3年)
日本DDS学会 会員 (2015年03月)
1996年05月
(平成8年)
日本薬物動態学会 会員 (2014年12月)
2002年04月
(平成14年)
Controlled Release Society Regular Member (2004年12月)
2003年01月
(平成15年)
日本動物実験代替法学会 会員 (現在に至る)
2003年01月
(平成15年)
日本動物実験代替法学会:企画委員 (2006年12月)
2004年07月
(平成16年)
日本病院薬剤師会 会員 (現在に至る)
2004年07月
(平成16年)
日本薬剤師会 会員 (現在に至る)
2004年07月
(平成16年)
千葉県病院薬剤師会 会員 (現在に至る)
2004年07月
(平成16年)
千葉県薬剤師会 会員 (現在に至る)
2006年06月
(平成18年)
山武JIU薬局実習WG メンバー (現在に至る)
2008年01月
(平成20年)
ホリスティックサイエンス学術協議会 評議委員 (現在に至る)
2008年05月
(平成20年)
日本医療薬学会 会員 (2016年12月)
2009年01月
(平成21年)
日本動物実験代替法学会:広報委員 (2010年12月)
2012年04月
(平成24年)
日本薬剤学会:評議委員 (2014年03月)
2013年01月
(平成25年)
日本動物実験代替法学会:編集委員 (現在に至る)
2015年10月
(平成27年)
日本動物実験代替法学会:評議員 (現在に至る)
2016年04月
(平成28年)
千葉県薬剤師会:薬学生受入委員 (現在に至る)
2016年12月
(平成28年)
日本実験動物代替法学会 3R啓蒙委員会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
2002年12月
(平成14年)
日本動物実験代替法学会 論文賞
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
1991年04月
(平成3年)
薬剤師
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・薬学
・医療系薬学・生物系薬学・物理系薬学
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
臨床薬物動態学
VCM-TDMを用いた投与設計
2017年12月
(平成29年)
3年生必修
TDM依頼箋を基に、解析ソフトVCM-TDMを用いてバンコマイシンの患者個別の投与計画を作成
2.作成した教科書、教材
 特になし
  
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献
 特になし
  
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(著書)
1.『2',3'-ジデオキシヌクレオシド誘導体およびその誘導体の投与法に関する研究』単著1996年09月
(平成8年)
熊本大学薬学研究科 
2.『演習と解説 薬物動態学』共著2016年08月
(平成28年)
廣川書店PP.67-83 
3.『図解 薬剤学 改訂6版』共著2018年09月
(平成30年)
南山堂pp.535-600
7章 薬物動態の変動要因


 
(翻訳書)
1.『R. L. Bronaugh, H. I. Maibach 編著、杉林堅次 監訳「化粧品・医薬品の経皮吸収」』共訳2005年09月
(平成17年)
フレグランスジャーナル社(東京)第8, 11, 14, 18章翻訳 (pp. 133-148, 169-174, 203-237, 287-294) 
(学術論文)
1.「Ester Prodrugs of 2',3'-Dideoxy-2',3'- didehydrothymidine (D4T)」共著1990年02月
(平成2年)
Int. J. Pharmaceut.,
58巻3号
 
2.「抗レトロウイルス薬2',3'-didehydro-3'- deoxythymidine (D4T) およびそのエステルプロドラッグの経皮吸収性」共著1991年01月
(平成3年)
Drug Delivery System
6巻1号
 
3.「Controlled Release of 5-Fluoro-2' -deoxyuridine by Combination of Prodrug and Polymer Matrix」共著1991年02月
(平成3年)
Chem. Pharm. Bull.,
39巻2号
 
4.「Rectal Absorption of Zidovudine」共著1991年10月
(平成3年)
Int. J. Pharmaceut.,
77巻1号
 
5.「Prodrugs of 2',3'-Dideoxyinosine (DDI): Improved Oral Bioavailability via Hydrophobic Esters」共著1992年05月
(平成4年)
Chem. Pharm. Bull.,
40巻5号
 
6.「抗AIDS薬2',3'-ジデオキシイノシン(DDI)プロドラッグの合成と油性基剤を用いた経口投与後の血中濃度推移」共著1992年05月
(平成4年)
Drug Delivery System
7巻3号
 
7.「Control of Drug Release with a Combination of Prodrug and Polymer Matrix: Antitumor Activity and Release Profiles of 2',3'-Diacyl-5-
Fluoro-2'-Deoxy-
uridine from Poly (3-hydroxybutyrate) Microspheres」
共著1992年06月
(平成4年)
J. Pharm. Sci.,
81巻6号
 
8.「Prodrugs of 2',3'- Didehydro-3'-deoxy-thymidine」共著1993年12月
(平成5年)
J. Pharm. Sci.,
82巻12号
 
9.「Novel Stabilizing Method for Antisence Oligo-
deoxynucleotides」
共著1994年03月
(平成6年)
Pharm. Res.,
11巻3号
 
10.「Nasal Absorption of Zidovudine and Its Transport to Cerebrospinal Fluid in Rats」共著1994年08月
(平成6年)
Biol. Pharm. Bull.,
17巻8号
 
11.「Synthesis and Investigation of N4-Substituted Cytarabine Derivatives as Prodrugs」共著1995年06月
(平成7年)
Pharmazie,
50巻H6号
 
12.「Intestinal Absorption and First-pass Elimination of 2',3'-Dideoxy
-nucleos-ides Following Oral Administration in Rats」
共著1996年04月
(平成8年)
Biol. Pharm. Bull.,
19巻4号
 
13.「Metabolism of Testosterone and Its Ester Derivatives in Organotypic Coculture of Human Dermal Fibroblasts with Differentiated Epidermis」共著1996年04月
(平成8年)
Int. J. Pharmaceut.,
131巻2号
 
14.「Nasal Absorption of 2',3'-Didehydro-3'- deoxythymidine (D4T) and Its Esters in Rats」共著1996年09月
(平成8年)
Biol. Pharm. Bull.,
19巻9号
 
15.「Steric Parameters in PLE Catalyzed Hydrolysis of N4-substituted Cytarabine Ester Prodrugs」共著1996年10月
(平成8年)
Pharmazie,
51巻10号
 
16.「アポトーシス回避を 指標としたアンチセンス効果の選択的評価方法」共著1997年01月
(平成9年)
Drug Delivery System
12巻1号
 
17.「Inhibition of 5'-Deoxy- 5-fluorouridine Phosphorolysis by Acyclothymidine in Tumor Cell Homogenates」共著1997年08月
(平成9年)
Biol. Pharm. Bull.,
20巻8号
 
18.「Direct Transport of 2',3'-Didehydro-3'-
deoxythymidine (D4T) and Its Ester Derivatives to the Cerebrospinal Fluid via the Nasal Mucous Membrane in Rats」
共著1998年03月
(平成10年)
Biol. Pharm. Bull.,
21巻3号
 
19.「Thymidineの鼻粘膜 透過に関する研究」共著1998年05月
(平成10年)
Drug Delivery System
13巻3号
 
20.「Cytotoxicity and Pharmacokinetics of 1-?-D-
Arabinofuranosyl-2-
thiocytosine,
A 2-Substituted Derivative of Cytarabine」
共著1999年01月
(平成11年)
Biol. Pharm. Bull.,
22巻1号
 
21.「Skin Disposition of Drugs after Topical Application in Hairless Rats」共著1999年06月
(平成11年)
Chem. Pharm. Bull.,
47巻6号
 
22.「Enzymatic Reactivity and Anti-tumor Activity of 1-(?-D- Arabinofuranosyl)-2-thiocytosine Derivatives」共著2000年04月
(平成12年)
Chem. Pharm. Bull.,
48巻4号
 
23.「天然低分子量物質チミジンの鼻腔から脳への直接移行性
−アロマセラピーにおける,もう一つの作用点の可能性について− 」
共著2000年05月
(平成12年)
AROMA RESEARCH,
1巻2号
 
24.「処方箋情報の医薬品開発へのフィードバック
−口腔内速崩壊性錠剤を例として−」
共著2000年06月
(平成12年)
薬剤学、
60巻2号
 
25.「Roles of Hydrophobicity, Protein Binding and the Probenecid-
sensitive Transport System in the Cerebrospinal Fluid Delivery of Nucleoside Analogues with Anti-viral Activity」
共著2000年08月
(平成12年)
Biol. Pharm. Bull.,
23巻8号
 
26.「マンニトールのin vitro皮膚透過性に及ぼすエレクトロポレーションの効果 −イオントフォレシスとの比較− 」共著2000年11月
(平成12年)
Drug Delivery System
14巻6号
 
27.「Effect of Application Voltage and Cathode and Anode Position at Electroporation in the In Vitro Permeation of Benzoic Acid Through Hairless Rat Skin」共著2000年11月
(平成12年)
Chem. Pharm. Bull.,
48巻11号
 
28.「Electric Field Analysis on the Improved Skin Concentration of Benzoate by Electroporation」共著2001年05月
(平成13年)
Int. J. Pharmaceut.,
219巻1号
 
29.「Potential Usefulness of Solubility Index for Prediction of the Skin Permeation Rate of 5-IMSN from Pressure-sensitive Adhesive Tape」共著2001年06月
(平成13年)
J. Control. Release,
73巻2,3号
 
30.「Utility of the Three- dimensional Cultured Human Skin Model as a Tool to Evaluate Skin Permeation of Drugs」共著2001年09月
(平成13年)
Altern. Animal Test.
Experiment.,
8巻1号
 
31.「Effect of Penetration Enhancers on the Permeation of Drugs Across a Three-dimensional Cultured Human Skin Model: Comparison with the Effects Using Excised Hairless Rat Skin」共著2001年09月
(平成13年)
Altern. Animal Test.
Experiment.,
8巻1号
 
32.「Targeting of Salicylate to Skin and Muscle Following Topical Injections in Rats」共著2002年01月
(平成14年)
Int. J. Pharmaceut.,
231巻2号
 
33.「水晶発振子を用いた薬物のin vitro皮膚透過迅速測定法に関する検討」共著2002年01月
(平成14年)
薬剤学、
62巻1号
 
34.「Utility of MTT Assay in Three-dimensional Cultured Human Skin Model as an Alternative for Draize Skin Irritation Test: Approach Using Diffusion Law of Irritant in Skin and Toxicokinetics-
toxicodynamics Correlation」
共著2002年05月
(平成14年)
Pharm. Res.,
19巻5号
 
35.「Kinetic Analysis on the In Vitro Cytotoxicity Using Living Skin Equivalent for Ranking the Toxic Potential of Dermal Irritants」共著2002年12月
(平成14年)
Toxicol. In Vitro,
16巻6号
 
36.「Effect of Electric Field on the Enhanced Skin Permeation of Drugs by Electroporation」共著2003年06月
(平成15年)
J. Control. Release
90巻2号
 
37.「処方箋情報の医薬品開発へのフィードバック2
−経口徐放性製剤の適正使用について−」
共著2003年06月
(平成15年)
医療薬学
29巻3号
 
38.「デュロテップ○Rパッチ繰り返し適用時の血清中フェンタニル濃度挙動の予測−」共著2004年06月
(平成16年)
TDM研究
21巻3号
 
39.「Utility of a Three-Dimensional Cultured Human Skin Model as a Tool to Evaluate the Simultaneous Diffusion and Metabolism of Ethyl Nicotinate in Skin 」共著2004年10月
(平成16年)
Drug Metabol.
Pharmacokin.
19巻5号
 
40.「Decrease in Skin Permeation and Antibacterial Effect of Parabens by a Polymeric Additive, Poly(2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine-co-butylmetacrylate)−」共著2005年03月
(平成17年)
Chem. Pharm. Bull.
53巻3号
 
41.「Usefulness of coadministration of bucolome in warfarin therapy: pharmacokinetic and pharmacodynamic analysis using outpatient prescriptions 」共著2005年04月
(平成17年)
Int. J. Pharmaceut..
293巻1,2号
 
42.「Cultured skin loaded with tetracycline HCL and chloramphenicol as dermal delivery system: Mathematical evaluation of the cultured skin containing antibiotics」共著2005年11月
(平成17年)
J. Control. Release
108巻1-2号
 
43.「病態変動に伴う薬物の血漿中濃度変動パターンを推定する簡易ソフトの開発」共著2006年05月
(平成18年)
医療薬学32巻5号 
44.「Conversion of FAD to FMN and riboflavin in plasma: effects of measuring method」共著2006年08月
(平成18年)
Biol. Pharm. Bull.,
23巻8号
 
45.「Dermatopharmacokinetics of salicylate following topical injection in rats: Effect of osmotic pressure and injection volume on salicylate disposition」共著2007年06月
(平成19年)
Int. J. Pharmaceut..
337巻1,2号
 
46.「Pharmacokinetic profile of flavin adenine dinucleotide, flavin mononucleotide and riboflavin administration following intravenous of riboflavin or its coenzymes in rats
共著2007年06月
(平成19年)
J. Health Sci.,
53巻3号
 
47.「消費者のためのビタミンC製品情報
共著2007年08月
(平成19年)
ビタミン,
81巻8号
 
48.「Analysis of Skin Disposition of Flurbiprofen after Topical Application Using Dual Agar Gel Discs-Inserted Rats」共著2007年11月
(平成19年)
Biol. Pharm. Bull.,
30巻11号
 
49.「Analysis of Skin Disposition and Metabolism of Ethyl Nicotinate after Topical Application Using Dual Agar Gel Disc-Inserted Rats」共著2008年01月
(平成20年)
Biol. Pharm. Bull.,
31巻1号
 
50.「Effect of vasoactive agents on the dermatopharmacokinetics and systemic disposition of model compounds, salicylate and FITC-dextran 4 kDa, following intracutaneous injection of the compounds」共著2008年01月
(平成20年)
Int. J. Pharmaceut.,
356巻1-2号
 
51.「アセトアミノフェン小児用ドライシロップ剤の味覚評価(苦味マスキングに関する評価 第1報)」共著2008年07月
(平成20年)
薬剤学、
68巻4号
 
52.「Effect of molecular weight on the dermatopharmacokinetics and systemic disposition of drugs after intracutaneous injection」共著2008年07月
(平成20年)
Eur. J. Pharm. Sci.,
35巻1,2号
 
53.「Why dose a hydrophilic drug permeate skin, although it is not soluble in white petrolatum?」共著2009年11月
(平成21年)
Drug Dev. Ind. Pharm.
35巻11号
 
54.「苦味物質に及ぼすゼリー状嚥下補助食品のマスキング効果
 (苦味マスキングに関する評価 第2報)」
共著2010年04月
(平成22年)
FOOD FUNCTION, 6巻1号
 
55.「高性能GC×GC-TOFMSを用いたラベンダー精油主成分の安定性評価」共著2010年10月
(平成22年)
The Journal of Holestic Sciences 第4巻 第2号
 
56.「Involvement of riboflavin kinase expression in cellular sensitivity against cisplatin」共著2011年04月
(平成23年)
Int J Oncol.38(4) 
57.「唾液中アミラーゼ活性を指標としたオレンジ・スイート芳香浴のストレス軽減効果の評価」共著2011年04月
(平成23年)
The Journal of Holestic Sciences 第5巻第1号 
58.「In Vitro Characterization of the Cytochrome P450 Isoforms Involved in the Metabolism of 6-Methoxy-2-napthylacetic Acid, an Active Metabolite of the Prodrug Nabumetone」共著2011年05月
(平成23年)
Biol. Pharm. Bull. 34(5)  
59.「実務実習指導・管理システムの活用と評価」共著2012年06月
(平成24年)
医薬品相互作用研究,36巻,1号 
60.「唾液中アミラーゼ活性を指標としたラベンダー・アングスティフォリア芳香浴のストレス軽減効果の評価
共著2013年04月
(平成25年)
The Journal of Holestic Sciences 第7巻第1号 
61.「History and Social Duties in Future of the AATEX: Alternatives to Animal Testing and Experimentation」共著2013年12月
(平成25年)
Altern. Animal Test.
Experiment.,
18巻2号
 
62.「Reductive metabolism of nabumetone by human liver microsomal and cytosolic fractions: exploratory prediction using inhibitors and substrates as marker probes」共著2015年06月
(平成27年)
Eur. J. Drug Metab. Pharmacokinet.
40巻2号
 
63.「有色米のポリフェノール含量と抗酸化能の測定」共著2016年10月
(平成28年)
The Journal of Holistic Sciences, 10巻,2号pp.23-32 
64.「坐剤針入度試験装置を使用した直腸適用坐剤の軟化時間測定」共著2017年03月
(平成29年)
城西国際大学大学院紀要  
65.「The in vitro release of indomethacin from suppositories: Effects of bases and comparisonof different dissolution methods」共著2017年07月
(平成29年)
Chem. Pharm. Bull., 65巻7号 
66.「Roles of CYP2C9 and its variants (CYP2C9*2 and CYP2C9*3) in the metabolism of 6-methoxy-2-napthylacetic acid, an active metabolite of the prodrug nabumetone」共著2019年01月
(平成31年)
J. Pharm. Investig.
First Online: 29 January 2019
Online: 29 January 2019
P. 1-9, K. Matsumoto, T. Hasegawa, K. Ohara, C. Takei, M. Akimoto 
(書評・エッセイ等)
1.「トピックス(薬剤学・製剤学・病院薬学)脂質でコートされた安定な“Microbubbles”の物性」単著1992年12月
(平成4年)
ファルマシア、
28巻12号
 
2.「Future of Prodrugs in Antiviral Therapy 」共著1994年08月
(平成6年)
Clin. Pharmacokinet.,
27巻5号
 
3.「特集:ドラッグデリ バリーシステムの現状と展望2ドラッグ デリバリーシステムの実際(投与部位各論)1)経皮吸収型製剤」共著1999年07月
(平成11年)
医薬ジャーナル、
35巻7号
 
4.「経皮吸収型製剤の現状と最近の研究動向」共著2000年02月
(平成12年)
薬事日報、
第9259号
 
5.「Convolutionによるin vitro皮膚透過性からin vivo経皮吸収性の予測:その有用性と落とし穴」共著2000年11月
(平成12年)
Pharm Tech Japan,
16巻12号
 
6.「Delivery of Anti-viral Nucleoside Analogues to the Central Nervous」共著2002年01月
(平成14年)
Curr. Med. Chem.
-Anti-Infective Agents,
1巻1号
 
7.「シリーズ 薬剤師のための基礎講座薬の相互作用(9)各論:ジゴキシンの相互作用」共著2002年02月
(平成14年)
埼玉県薬剤師会雑誌、28巻2号 
8.「シリーズ 薬剤師のための基礎講座
薬の相互作用(10)各論:抗てんかん薬の相互作用」
共著2002年03月
(平成14年)
埼玉県薬剤師会雑誌、28巻3号 
9.「解説 水晶発振子を用いた薬物のin vitro皮膚透過迅速定量法:医薬品の迅速開発のために」共著2003年03月
(平成15年)
超音波テクノ、
15巻2号
 
10.「〈薬学教育6年制とこれからの展望〉米国の薬学教育の現状と日本の6年制教育」単著2006年11月
(平成18年)
医薬ジャーナル 42巻11号  
11.「ホリスティック療法と薬(第1回 高血圧)」単著2008年04月
(平成20年)
The Journal of Holistic Sciences, 2巻1号  
12.「ホリスティック療法と薬(第2回 糖尿病)」単著2008年10月
(平成20年)
The Journal of Holistic Sciences, 2巻2号 
13.「段階的なロールプレイ学習法を活用した医療薬学系実習
共著2008年11月
(平成20年)
医薬ジャーナル44巻11号  
14.「ホリスティック療法と薬(第3回 脂質異常症)」単著2009年04月
(平成21年)
The Journal of Holistic Sciences, 3巻1号 
15.「ホリスティック療法と薬(第4回 高尿酸血症・痛風)」単著2009年10月
(平成21年)
The Journal of Holistic Sciences, 3巻2号  
16.「シリーズ ホリスティック療法と薬 第5回 喘息」単著2010年04月
(平成22年)
The Journal of Holistic Sciences, 4巻 1号
 
17.「ホレスティック療法と薬 第6回 過敏性腸症候群」単著2010年10月
(平成22年)
The Journal of Holistic Sciences,4巻2号 
18.「シリーズ ホリスティック療法と薬 第7回 花粉症」単著2011年04月
(平成23年)
The Journal of Holistic Sciences, 5巻 1号 
19.「シリーズ ホリスティック療法と薬 第8回 骨粗鬆所」単著2011年10月
(平成23年)
The Journal of Holistic Sciences, 5巻 2号 
20.「シリーズ ホリスティック療法と薬 第9回 緑内障』 」単著2012年04月
(平成24年)
The Journal of Holistic Sciences,6巻1号 
21.「シリーズ ホリスティック療法と薬 第10回 関節リウマチ」単著2012年10月
(平成24年)
The Journal of Holistic Sciences,6巻2号 
22.「シリーズ ホリスティック療法と薬 第11回 アルツハイマー病」単著2013年04月
(平成25年)
The Journal of Holistic Sciences,7巻1号 
23.「シリーズ ホリスティック療法と薬 第12回 胃食道逆流症(GERD)」単著2013年10月
(平成25年)
The Journal of Holistic Sciences,7巻2号 
24.「シリーズ ホリスティック療法と薬 第13回 慢性頭痛

単著2014年04月
(平成26年)
The Journal of Holistic Sciences,8巻1号  
25.「シリーズ ホレスティック療法と薬 第14回 食物アレルギー」単著2014年10月
(平成26年)
The Journal of Holistic Sciences,8巻2号 
26.「シリーズ ホレスティック療法と薬 第15回 不眠」単著2015年04月
(平成27年)
The Journal of Holistic Sciences, 9巻1号 
27.「ホリスティック療法と薬(第16回サプリメント・食品と薬の飲み合わせ1)」単著2015年10月
(平成27年)
The Journal of Holistic Sciences, 9巻,2号 
28.「ホリスティック療法と薬(第17回サプリメント・食品と薬の飲み合わせ2)
単著2016年10月
(平成28年)
The Journal of Holistic Sciences, 10巻,2号
 
(学会発表)
1.「イソソルビド内用液製剤を希釈することによる味覚に及ぼす影響」共同2010年05月
(平成22年)
日本薬剤学会第25年会 (徳島)加賀谷隆彦、藤原大、橋口一弘、松本かおり、長谷川哲也、秋元雅之、厚田幸一郎(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
2.「市販イソソルビド内用液製剤のヒト味覚官能試験による比較検討」共同2010年06月
(平成22年)
日本ジェネリック医薬品学会第4回学術大会 (埼玉)加賀谷隆彦、藤原大、薄井健介、松本かおり、長谷川哲也、秋元雅之、吉山友二、厚田幸一郎(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
3.「学生用実習ワークシートを活用するSP参加型実習の評価:フィードバック内容の
分析と今後の課題」
共同2010年11月
(平成22年)
第20回日本医療薬学会年会(千葉)
小澤実香、鈴木直人、富澤崇、長谷川哲也、竹平理恵子、河合洋、松本かおり、神
谷貞浩、秋葉真由美、佐田宏子、山村重雄、富岡佳久、小嶋文良(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
4.「アンブロキソール塩酸塩小児用ドライシロップ製剤の味覚評価(後味に関する評価 第2報)」共同2010年11月
(平成22年)
第20回日本医療薬学会年会(千葉)加賀谷隆彦、吉本真子、綾美咲、薄井健介、松本かおり、長谷川哲也、秋元雅之、厚田幸一郎(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
5.「動物実験代替法を取入れた薬学部の学内実習」共同2010年12月
(平成22年)
第23回日本動物実験代替法学会(東京)長谷川哲也、河合洋、松本かおり、石橋拓也、松本健次郎、田嶋公人、光本篤史、児玉庸夫、堀江俊治、秋元雅之(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
6.「リボフラビンの口腔粘膜透過性評価モデルとしてのラット頬粘膜の利用」共同2011年03月
(平成23年)
日本薬学会第131年会
(静岡)
橋川太志、藤堂浩明、長谷川哲也、秋元雅之、杉林堅次(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
7.「抗炎症薬nabumetoneの還元的代謝」共同2011年03月
(平成23年)
日本薬学会第131年会
(静岡)
松本かおり、長谷川哲也、秋元雅之、杉林堅次(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
  
8.「アンブロキソール塩酸塩小児用ドライシロップ製剤の味覚評価(後味に関する評価 第3報)」共同2011年03月
(平成23年)
日本薬学会第131年会
(静岡)
加賀谷隆彦、吉本真子、綾美咲、薄井健介、松本かおり、長谷川哲也、秋元雅之、厚田幸一郎(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)  
9.「薬局訪問にエイジ・ミキシング法を取り入れた試み」共同2011年03月
(平成23年)
日本薬学会第131年会
(静岡)
小柳順一、高橋たみ子、奥山恵美、長谷川哲也、小嶋文良、光本篤史(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 
10.「市販イソソルビド内用液製剤のヒト味覚官能試験による比較検討日本人被験者対象の第?相試験における初回投与量−抗悪性腫瘍薬(肺癌)−
共同2011年12月
(平成23年)
第32回日本臨床薬理学会(浜松)
 
11.「In vitroにおける抗炎症薬nabumetoneの還元的代謝」共同2012年03月
(平成24年)
日本薬学会第132年会(札幌) 
12.「早期体験学習にエイジ・ミキシング法を取り入れた試み?
 当該学生及び薬局薬剤師からの評価」
共同2012年03月
(平成24年)
日本薬学会第132年会(札幌) 
13.「市販イソソルビドシロップ製剤のあと味に関する評価」共同2012年05月
(平成24年)
日本薬剤学会第27年回(神戸) 
14.「実務実習終了後の大学における症例報告に関する実習施設へのアンケート調査」共同2013年03月
(平成25年)
日本薬学会第133年会(横浜) 
15.「有色米の糖質分解酵素阻害活性に関する研究」共同2014年05月
(平成26年)
日本薬剤学会第29年会(さいたま) 
16.「In vitroにおける抗炎症薬nabmetoneの還元的代謝(2)」共同2014年05月
(平成26年)
日本薬剤学会第29年会(さいたま) 
17.「In vitroみおけるナブメトンの酸化的代謝の遺伝子多型の影響」共同2014年05月
(平成26年)
日本薬剤学会第29年会(さいたま) 
18.「市販ドライシロップ製剤の品質に関する評価」共同2014年05月
(平成26年)
日本薬剤学会第29年会(さいたま) 
19.「Measurement of the Amount of Polyphenolic Compounds and Antioxidant Activity in Colored Rice」共同2014年11月
(平成26年)
The 3rd International Conference on Nutraceutical and Cosmetic Sciences 2014 (Tokyo) 
20.「凍結ヒト肝細胞および肝組織画分を用いた抗炎症薬nabmetoneのin vitro代謝」共同2015年03月
(平成27年)
日本薬学会第135年会(神戸) 
21.「ヒト肝ミクロソームにおける抗炎症薬nabumetoneのO-脱メチル化反
応」
共同2015年05月
(平成27年)
日本薬剤学会第30年会(長崎)
  
22.「内容薬と外用薬の後発医薬品の利用に関する調査」共同2016年03月
(平成28年)
日本薬学会第136年会(横浜) 
23.「城西国際大学薬学部の教育プログラム‐教育効果の検証:自記式調査票を用いた意識・態度評価の試み‐」共同2017年09月
(平成29年)
第2回日本薬学教育学会大会(名古屋) 
24.「フロースルーセル法を用いた坐剤製剤の薬物放出試験:温度の影響」共同2018年03月
(平成30年)
日本薬学会第138年会(金沢) 
25.「薬局実習における地域チーム医療への参画と効果‐栄養指導の実践‐」共同2018年03月
(平成30年)
日本薬学会第138年会(金沢) 
26.「城西国際大学薬学部の教育プログラム
 ―臨床マインドの醸成が学力に及ぼす影響―」
共同2018年09月
(平成30年)
第3回日本薬学教育学会大会(東京)寺島朝子、酒井健介、小柳順一、中村洋、長谷川哲也、亀井智代、扶川武志、冨山直樹、石崎幸、光本篤史 
27.「アントシアニンを含む着色食品におけるDPPH法による抗酸化能評価」共同2019年03月
(平成31年)
日本薬学会第139年会(幕張)芝田裕磨、武井千弥、大原厚祐、松本かおり、長谷川哲也、秋元雅之 
28.「In vitro におけるnabumetoneから活性代謝物6- methoxy-2-naphthylacetic acidへの代謝
共同2019年03月
(平成31年)
日本薬学会第139年会(幕張)嶋崎 公太郎, 松本 かおり,武井 千弥, 大原 厚祐, 長谷川 哲也, 秋元 雅之 
(講演・公開講座等)
1.「 Analysis of Direct Delivery of Drugs into the Subcutaneous and Muscular Tissue from Topical Formulations」共同2001年06月
(平成13年)
The Third National Seminar on Pharmaceutical Biotechnology(Chiang Mai, Thailand) 
2.「抗菌薬を含有した培養皮膚型貼付剤の有用性に関する研究」共同2002年09月
(平成14年)
化学工学会第35回秋季大会(神戸) 
3.「三次元培養ヒト皮膚モデルを用いた薬物の皮膚透過・皮膚刺激評価」単独2005年09月
(平成17年)
第26回In vitro発生毒性研究会(東京) 
4.「長期実務自習の実状(薬局実習)」単独2010年10月
(平成22年)
第3回千葉県薬剤師会・病院薬剤師会合同研修会(千葉) 
5.「皮膚に貼るお薬のはなし〜局所の作用と全身の作用〜

 城西国際大学公開講座」
単独2012年12月
(平成24年)
平成24年度城西国際大学公開講座
城西国際大学薬草園(大多喜町)
 
6.「ワークショップ:学会誌AATEXの活性化に向けて

 「AATEXの活性化に求められること」」
単独2013年12月
(平成25年)
日本動物実験代替法学会26回大会(京都) 
7.「皮膚に貼るお薬のはなし
 城西国際大学公開講座」
単独2014年09月
(平成26年)
城西国際大学東金キャンパス 
8.「皮膚に貼るお薬のはなし
 城西国際大学公開講座」
単独2015年09月
(平成27年)
鋸南町中央公民館 
9.「皮膚に貼るお薬のはなし
 城西国際大学公開講座」
単独2016年12月
(平成28年)
城西国際大学安房鴨川キャンパス 
(その他)
1.「温熱処理と併用する経皮吸収製剤」共同2003年05月
(平成15年)
特許公開2003−128536
 
2.「生体組織を用いたインビトロ試験方法」共同2003年07月
(平成15年)
特許公開2003−207506
 
3.「刺激性試験方法」共同2003年08月
(平成15年)
特許公開2003−240779
 
4.「眼瞼皮膚適用型外用剤」共同2005年03月
(平成17年)
特許公開2005−68101
 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
(1)2'3'-ジデオキシヌクレオシド誘導体の消化管吸収に関する研究研究代表者1994年04月
(平成6年)
城西大学
城西大学学長所管研究費
1994年度、30万円
(2)実務教育における薬学部教員の役割研究分担者2004年04月
(平成16年)
日本公定書協会
平成16年度厚生労働科学研究補助金
医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究推進事業/外国への日本人研究者派遣事業、分担金250万円
もどる