もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナサカイ ケンスケ職 位教授所 属 薬学部
 医療薬学科
氏  名酒井 健介
主  な  学  歴
年  月事         項
1995年03月
(平成7年)
名古屋大学 農学部 農芸化学科(卒業)
1995年04月
(平成7年)
名古屋大学大学院 農学研究科 食品工業化学専攻 修士課程(入学)
1997年03月
(平成9年)
名古屋大学大学院 農学研究科 食品工業化学専攻 博士課程前期(修了)
2003年06月
(平成15年)
農学博士の学位授与(名古屋大学)(取得)
主  な  職  歴
年  月事         項
1997年04月
(平成9年)
明治製菓株式会社 生物科学研究所
2001年10月
(平成13年)
明治製菓株式会社 ヘルス・バイオ研究所
2003年10月
(平成15年)
東京学芸大学 非常勤講師
2004年10月
(平成16年)
明治製菓株式会社 食料健康総合研究所
2005年04月
(平成17年)
城西国際大学 薬学部 医療薬学科
2006年10月
(平成18年)
お茶の水女子大学生活科学部非常勤講師
2008年04月
(平成20年)
立教大学 非常勤講師
学会及び社会における活動等
所属学会◎日本栄養・食糧学会
年  月事         項
1998年11月
(平成10年)
日本栄養・食糧学会 (現在に至る)
2002年05月
(平成14年)
日本体力医学会 (現在に至る)
2002年07月
(平成14年)
日本栄養改善学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
 特になし
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・食品科学
・スポーツ科学
・応用健康科学
・スポーツ栄養学・ミネラル栄養学・栄養教育学
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例
 特になし
  
2.作成した教科書、教材
 特になし
  
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献
 特になし
  
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(著書)
1.『マロンジアルデヒドーリジン付加体を特異的に認識する抗体の作成』共著1996年03月
(平成8年)
日本農藝化學會誌, 70, 194, 1996 
2.『競技力向上と栄養エルゴジェニック(サプリメント)』単著2005年11月
(平成17年)
Journal of training science for exercise and sports 17(4): 259-265, 2005 
3.『北京オリンピックに向けた勝つための取り組み−アテネから北京へ−』単著2007年07月
(平成19年)
栄養日本, 50:7, 10-12, 2007 July  
4.『食事・栄養面からの選手育成 育成期のサッカー選手における現状と課題』共著2008年03月
(平成20年)
フットボールの科学, 3, 1, 8-14, 2008 
5.『食育の現状 Jリーグ下部組織ジュニアユース世代における取り組み』共著2008年04月
(平成20年)
子どもと発育発達, 6, 35-41, 2008 
6.『段階的なロールプレイ学習法を活用した医療薬学系実習』共著2008年07月
(平成20年)
医薬ジャーナル, 44, 11, 71-76, 2008 
7.『スポーツ栄養・食事ガイド 
 競技力向上とコンディショニングのためのスポーツ栄養学』
共著2009年11月
(平成21年)
臨床スポーツ医学26巻(臨時増刊号) Page296-301 2009年11月発行 文光堂 
8.『サッカーのコンディショニング
 ベストパフォーマンスづくりの理論と実践』
共著2010年12月
(平成22年)
株式会社大修館書店第X章 栄養摂取のノウハウ PP.149〜171 
9.『食育の再考 スポーツと食育』単著2011年10月
(平成23年)
子どもと発育発達,9(3)185-190, 2011 
10.『五輪に向けたトレーニングと栄養
 東海大水泳部の事例』
単著2012年04月
(平成24年)
(株)食品化学新聞社
FOOD STYLE 21, 16:4, 38-41, 2012
 
11.『インターハイ陸上競技入賞者の体調・食生活に関する8年間の調査(短報)
 〜サプリメント摂取、スポーツ障害、および体調・食生活状況に関するプロジェクト調査より〜』
共著2014年03月
(平成26年)
陸上競技研究紀要, 9, 130-135, 2013 
12.『体育・スポーツ指導者と学生のための スポーツ栄養学
 第4章 トレーニング後と試合後のリカバリー』
共著2014年03月
(平成26年)
市村出版PP.48〜56 
13.『子どものからだと活動を支える栄養
 子どもに必要な果物野菜 〜抗酸化物質との関係〜』
単著2014年07月
(平成26年)
子どもと発育発達, 12, 120-125, 2014 
14.『リオオリンピック金メダリスト
金藤理絵選手(競泳女子:200M平泳ぎ)への栄養アドバイス』
単著2016年11月
(平成28年)
JATI EXPRESS 55:38-39, 2016(日本トレーニング指導者協会機関誌) 
(学術論文)
1.「Protein Modification by Lipid Peroxidation Products : Formation of Malondialdehyde-Derived N?-(2-Propenal)lysine in Proteins.」共著1997年10月
(平成9年)
Archives of Biochemistry and Biophysics , 346, 45-52, 1997 
2.「Protein-bound acrolein : Potential markers for oxidative stress.」共著1998年04月
(平成10年)
Proceeding National Academy of Science U.S.A. 95, 4882-4887, 1998 
3.「Dietary Fructooligosaccharides Increase Calcium Absorption and Levels of Mucosal Calbindin-D9k in the Large Intestine of Gastrectomized Rats.」共著1998年10月
(平成10年)
Scandinavian Journal of Gastroenterology 33, 1062-1068, 1998 
4.「錠菓におけるフラクトオリゴ糖のカルシウム吸収促進作用のヒトでの評価」共著1999年01月
(平成11年)
健康・栄養食品研究 2, 37-43, 1999 
5.「Dietary heme iron does not prevent postgastrectomy anemia but fructooligosaccharides improve bioavailability of heme iron in rats. 」共著1999年09月
(平成11年)
International Journal for Vitamin and Nutrition Research 69, 348-355, 1999 
6.「The effect of short chain fructooligosaccharides in promoting recovery from post-gastrectomy anemia is stronger than that of inulin.」共著2000年03月
(平成12年)
Nutrition Research, 20, 3, 403-412, 2000  
7.「The cecum and dietary short-chain fructooligosaccharides are involved in preventing postgastrectomy anemia in rats.」共著2000年06月
(平成12年)
Journal of Nutrition, 130, 6, 1608-1612, 2000  
8.「Dietary short-chain fructooligosaccharides increase calbindin-D9k levels only in the large intestine in rats independent of dietary calcium deficiency or serum 1,25 dihydroxy vitamin D levels. 」共著2000年09月
(平成12年)
International Journal for Vitamin and Mineral Research, 70, 206-213, 2000 
9.「Mode of action of sesame lignans in protection of low-density lipoprotein against oxidative damage in vitro.」共著2000年12月
(平成12年)
Life Science, 66, 161-171, 2000 
10.「「Effect of dietary short-chain fructooligosaccharides on the cecal microflora in gastrectomized rats. 」共著2001年02月
(平成13年)
Biosci. Biotechnol. Biochem., 65, 2, 264-269, 2001  
11.「Dietary fructooligosaccharides modify intestinal bioavailability of a single dose of genistein and daidzein and affect their urinary excretion and kinetics in blood of rats.」共著2001年03月
(平成13年)
Journal of Nutrition, 131, 787-795, 2001  
12.「18・19歳女子大生の踵骨骨梁面積率に与える食生活と運動経験の影響」共著2001年03月
(平成13年)
日本食生活学会誌, 12, 255-261, 2001 
13.「Immunochemical detection of a lipofuscin-like fluorophore derived from malondialdehyde and lysine.」共著2001年08月
(平成13年)
Journal of Lipid Research, 42, 1187-1196, 2001 
14.「フラクトオリゴ糖を添加した麦芽飲料のヒトにおけるカルシウム吸収効率と安全性の評価」共著2002年01月
(平成14年)
健康・栄養食品研究,5, 49-60, 2002 
15.「A combination of dietary fructooligosaccharides and isoflavone conjugates increase femoral bone mineral density and equol production in ovariectomized mice.」共著2002年07月
(平成14年)
Journal of Nutrition, 132, 2048-2054, 2002 
16.「中高齢者を対象としたウォーキング活動中の発汗量と汗中ミネラル成分の検討」共著2002年11月
(平成14年)
Walking Research, 6, 109-113, 2002 
17.「行動科学に基づいたグループ学習型ウォーキングプログラムの開発」共著2003年05月
(平成15年)
運動疫学研究会誌, 5, 58-65, 2003 
18.「短鎖フラクトオリゴ糖摂取による胃切除術後貧血改善効果」単著2003年06月
(平成15年)
名古屋大学(博士論文) 
19.「Low Dose Iron Supplementation with Fructooligosaccharides Improves Iron Status and Aerobic Capacity in Women under Moderate Physical Training」共著2003年06月
(平成15年)
Jpn. Soc. Appl. Physiol. 33, 6, 305-311, 2003 
20.「職域におけるプリントメディアを用いたウォーキングプログラムの開発」共著2003年11月
(平成15年)
Walking Research, 7, 141-149, 2003 
21.「行動科学に基づいたウォーキング推進ビデオの開発とその概要」共著2003年12月
(平成15年)
Walking Research, 7, 131-139, 2003 
22.「ウォーキングプログラムの開発におけるゲートウェイとしての食事・栄養情報の活用」共著2004年04月
(平成16年)
日本健康教育学会誌, 12, 1, 29-38, 2004 
23.「サッカー女子日本代表選手の栄養摂取状況」共著2004年09月
(平成16年)
日本臨床スポーツ医学会誌, 12, 3, 521-527, 2004 
24.「The effect of Fructooligosaccharides was Analyzed by cDNA Expression Arrays」共著2004年11月
(平成16年)
J Nutr Sci Vitaminol, 50, 50-55, 2004 
25.「運動(ウォーキング)定着のための介入プログラムが栄養摂取状況に及ぼす影響」共著2004年12月
(平成16年)
Walking Research, 8, 163-169, 2004 
26.「Dietary Whey Protein Modulates Liver Glycogen Level and Glycoregulatory Enzyme Activities in Exercise-trained Rats」共著2005年01月
(平成17年)
Exp Biol Mod, 230, 23-30, 2005 
27.「Dietary whey protein increases liver and skeletal muscle glycogen levels in exercise-trained rats」共著2005年04月
(平成17年)
Br. J. Nutr., 93, 439-445, 2005
 
28.「運動ソーシャルサポートおよびウォーキング認知環境と身体活動・運動の促進との関係」共著2005年06月
(平成17年)
体力科学, 54, 219-228, 2005 
29.「暑熱環境下における持久的な運動に及ぼすprecoolingの有効性」共著2005年06月
(平成17年)
陸上競技研究, 62, 3, 38-46, 2005 
30.「Dietary whey protein downregulates fatty acid synthesis in the liver, but upregulates it in skeletal muscle of exercise-trained rats」共著2005年10月
(平成17年)
Nutrition, 21, 1052-1058, 2005 
31.「運動行動変容段階の無関心期における健康関連ステータスの特徴」共著2005年12月
(平成17年)
日本健康教育学会誌, 13, 2, 77-85, 2005 
32.「Expression of calbindin-D9k, VDR and Cdx-2 messenger RNA in the process by which fructooligosaccharides increase calcium absorption in rats.」共著2005年12月
(平成17年)
J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo) 51, 426-451, 2005 
33.「クエン酸の経口摂取が高強度・完結的な運動に及ぼす運動」共著2006年03月
(平成18年)
陸上競技研究, 64(1), 30-35, 2006 
34.「The effects of soy peptide on isometric performances and serum CK and LDH trends after high intensity repetitive eccentric exercise」共著2006年10月
(平成18年)
Jpn. J. Phys. Fitness Sports Med. 55 Suppl.: S257-S262, 2006 
35.「The synergic effects of Coenzyme Q10 and Creatine through oral intake on repetitive short duration high-intensity exercise」共著2006年10月
(平成18年)
Jpn. J. Phys. Fitness Sports Med. 55 Suppl.: S247-S250, 2006 
36.「Exercise prescription combined with a diet supplement of hydroxycitric acid and capsicine could more effectively improve serum lipid profile in Japanese females」共著2006年11月
(平成18年)
東京学芸大学紀要. 芸術・スポーツ科学系, 58, 137-141, 2006 
37.「行動科学に基づく個別通信教育型ウォーキングプログラムの効果」共著2007年02月
(平成19年)
体力科学, 56、157‐166、2007 
38.「連戦期の大学サッカー選手における血清creatine kinaseの経時的推移に及ぼす大豆ペプチド経口摂取の効果」共著2008年02月
(平成20年)
体育の科学, 58, 133-137, 2008 
39.「成人における運動に関する行動的スキルと運動行動の変容ステージの関連」共著2008年03月
(平成20年)
行動医学研究, 14, 8−14, 2008 
40.「準高地における短期間の競泳トレーニングが血液性状等の生理的応答に及ぼす影響」共著2008年11月
(平成20年)
東海大学スポーツ医科学雑誌, 20, 23-32, 2008  
41.「プロサッカー選手におけるシーズンを通じたコンディションと栄養素等摂取状況の関係」共著2008年12月
(平成20年)
日本スポーツ栄養研究誌, 2, 21-28, 2008 
42.「Absence of Negative Feedback on Intestinal magnesium Absorption on Excessive Magnesium Administration in Rats. 」共著2009年08月
(平成21年)
J. Nutr. Sci. Vitaminol. 55, 332-337, 2009 
43.「大学生を対象とした適切な食生活に関する変容段階と栄養摂取状況および心理的要因との関係」共著2009年11月
(平成21年)
日本健康教育学雑誌, 17(4), 248-259, 2009 
44.「The frequency of magnesium consumption directly influences its serum concentration and the amount of elutable bone magnesium in rats.」共著2010年03月
(平成22年)
Magnesium Res. 23(1), 48-56, 2010 
45.「行動科学技法を用いたスポーツ選手への食事支援と栄養教育に関する研究」単著2012年03月
(平成24年)
日本スポーツ栄養研究誌, 5, 2-9, 2012 
46.「東日本大震災被災者の栄養摂取状況」共著2013年03月
(平成25年)
ウエルネスジャーナル, 9, 19-21, 2013 
(学会発表)
1.「アフィニティ精製ポリクローナル抗体のエピトープ解析」共同1996年03月
(平成8年)
日本農芸化学会1996年度大会(京都) 
2.「抗MDA-Lys抗体のエピトープの解析」共同1996年09月
(平成8年)
第20回 過酸化脂質・フリーラジカル学会
(岐阜)
 
3.「抗MDA修飾タンパク質モノクローナル抗体」共同1997年04月
(平成9年)
日本農芸化学会1997年度大会(東京)
 
4.「ヘム鉄およびフラクトオリゴ糖摂取の胃切除ラットにおける術後貧血改善効果」共同1998年04月
(平成10年)
日本農芸化学会1998年度大会(名古屋)
 
5.「フラクトオリゴ糖とイヌリンの胃切除術後貧血および骨形成不全改善効果の比較」共同1999年05月
(平成11年)
第53回日本栄養・食糧学会大会(東京) 
6.「胃切除ラット盲腸内細菌叢へのフラクトオリゴ糖摂取の影響」共同2000年05月
(平成12年)
第54回日本栄養・食糧学会大会(愛媛) 
7.「Dietary Fructooligosacchari des Increase Calbindin-D9k Levels Only in The Large Intestine in Rats Independent of Dietary Calcium Deficiency or Serum 1,25 Dihydroxy Vitamin D Levels」共同2000年11月
(平成12年)
10th Annual Meeting of Australian and New
Zealand Bone and Mineral Society (Australia)
 
8.「卵巣摘出骨粗鬆症モデルマウスにおけるフラクトオリゴ糖および大豆イソフラボンの骨密度低下抑制効果」共同2001年06月
(平成13年)
日本骨代謝学会(神戸)
 
9.「The Effect of Physical Activity Promotion Through Health Education on Cognitive Process of Behavioral Change」共同2002年08月
(平成14年)
7th. International Meeting of Behavioral Medicine
(Helsinki, Sweden)
 
10.「健康情報を媒介とした運動(ウォーキング)定着プログラムが行動変容の認知過程へ及ぼす影響」共同2002年09月
(平成14年)
第57回日本体力医学会(高知) 
11.「職域における女性従業員を対象とした骨量調査とカルシウムおよび運動に対する意識調査」共同2003年05月
(平成15年)
第57回日本栄養食糧学会(福岡)

 
12.「水泳選手を対象としたトレーニング期間中のCoQ10摂取の効果」共同2003年09月
(平成15年)
第58回日本体力医学会(静岡) 
13.「運動(ウォーキング)定着のための介入プログラムが栄養摂取状況に及ぼす影響」共同2004年08月
(平成16年)
第8回日本ウォーキング学会(東京) 
14.「特殊環境下における軽強度運動時の生理応答に及ぼすCoQ10摂取の影響」共同2004年09月
(平成16年)
第59回日本体力医学会(埼玉) 
15.「ウォーキング習慣定着のための行動変容メカニズムの解析」共同2005年09月
(平成17年)
第60回 日本体力医学会大会(岡山) 
16.「高強度間欠運動時のクエン酸摂取が血液緩衝能に及ぼす影響」共同2005年09月
(平成17年)
第60回 日本体力医学会大会(岡山) 
17.「スポーツ選手の栄養戦略(第1報)
 簡易調査票からみたスポーツ選手の食生活に関する統計学的解析」
共同2005年09月
(平成17年)
第52回 日本栄養改善学会学術総会 
18.「スポーツ選手の栄養戦略(第2報)
 大学生を対象とした食行動に関する行動変容段階の尺度開発」
共同2005年09月
(平成17年)
第52回 日本栄養改善学会学術総会(徳島) 
19.「スポーツ選手の栄養戦略(第3報)
 行動科学技法を用いた栄養プログラムの開発」
共同2005年09月
(平成17年)
第52回 日本栄養改善学会学術総会(徳島) 
20.「運動直後の糖質とホエイたんぱく質の摂取は血漿インスリン、アミノ酸値を上昇させる」共同2006年05月
(平成18年)
第60回 日本栄養・食糧学会大会(静岡) 
21.「スポーツ選手を対象とした栄養戦略(第5報)
 育成世代を対象とした栄養支援プログラムの実践」
共同2007年09月
(平成19年)
第54回日本栄養改善学会(長崎) 
22.「Jリーグ育成世代への食と栄養教育がもたらす影響について」共同2007年12月
(平成19年)
第5回フットボール学会(大阪) 
23.「運動負荷がラットにおける生体マグネシウムおよび糖代謝関連酵素に及ぼす影響」共同2008年05月
(平成20年)
第62回日本栄養食糧学会(埼玉) 
24.「Jリーグ31チームのジュニアユース世代を対象とした食生活調査
 〜栄養摂取状況を中心とした検討〜」
共同2008年09月
(平成20年)
第63回日本体力医学会(大分) 
25.「Jリーグ31チームのジュニアユース世代を対象とした食生活調査
 〜食行動の変容段階を中心とした検討〜」
単独2008年09月
(平成20年)
第63回日本体力医学会(大分) 
26.「マグネシウム摂取量の違いが運動負荷ラット骨格筋に及ぼす影響」共同2009年05月
(平成21年)
第63回日本栄養・食糧学会(長崎) 
27.「Jリーグジュニアユースを対象とした横断的食生活調査」共同2009年09月
(平成21年)
第64回日本体力医学会(新潟) 
28.「Jリーグジュニアユースを対象とした食生活に関する行動変容」共同2009年09月
(平成21年)
第64回日本体力医学会(新潟) 
29.「Jリーグジュニアユースを対象とした食支援の効果」共同2009年09月
(平成21年)
第64回日本体力医学会(新潟) 
30.「塩化アンモニウム摂取と運動負荷がラットのミネラル出納に及ぼす影響」共同2010年05月
(平成22年)
第63回日本栄養・食糧学会(徳島) 
31.「小学生児童を対象とした食行動に影響する要因の検討

 −千葉県T市内小学生を対象とした研究−
共同2011年03月
(平成23年)
日本発育発達学会 第9回大会(東京) 
32.「RELATIONSHIP BETWEEN STAGE OF CHANGE FOR PROPER DIET AND PSYCHOLOGICAL FACTORS IN J. LEAGUE U-15 FOOTBALL PLAYERS
共同2011年05月
(平成23年)
7th World Congress on Science & Football
9th Annual conference of Japanese Society of Science & Football
May 26-30, 2011 Nagoya, JAPAN
 
33.「LONGITUDINAL CHANGES IN PSYCHOLOGICAL FACTORS ASSOCIATED WITH DIETARY BEHAVIOR IN J. LEAGUE U-15 FOOTBALL PLAYERS
共同2011年05月
(平成23年)
7th World Congress on Science & Football
9th Annual conference of Japanese Society of Science & Football
May 26-30, 2011 Nagoya, JAPAN
 
34.「EFFECT OF PHYSICAL EDUCATION CLASS ON BEHAVIORAL CHANGE
OF NON-ACTIVE UNIVERSITY STUDENTS
共同2011年06月
(平成23年)
European College of Sport Science 2011, July 6-9, Liverpool, GBR  
35.「アスリートにおける栄養摂取状況と食事形態(食事の揃え方)との関連」共同2011年09月
(平成23年)
第66回日本体力医学会大会(山口) 
36.「COMPARISON OF PSYCHOLOGICAL STATUS FOR PROPER DIET AND NUTRITIONAL STATUS BETWEEN ADOLESCENT FOOTBALL PLAYERS IN DIFFERENT TEAM」共同2012年07月
(平成24年)
17th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE 4-7th July ECSS Bruges 2012, Belgium 
37.「運動負荷ラットにおけるマグネシウム代謝と骨格筋TRPM7の発現に関する研究」共同2012年09月
(平成24年)
第67回日本体力医学会(岐阜) 
38.「育成期サッカー選手を対象とした 望ましい食行動の定着を目指した非対面型介入研究」共同2012年09月
(平成24年)
第67回日本体力医学会(岐阜) 
39.「育成期サッカー選手の栄養素等摂取状況に及ぼす社会的・心理的要因の影響」共同2012年09月
(平成24年)
第67回日本体力医学会(岐阜) 
40.「マグネシウム摂取量の違いが運動負荷ラット骨格筋に及ぼす影響」共同2012年09月
(平成24年)
第67回日本体力医学会(岐阜) 
41.「東日本大震災被災者の栄養摂取状況」共同2012年11月
(平成24年)
第23回日本臨床スポーツ医学会学術集会(横浜) 
42.「THE NUTRITIONAL SITUATION OF VICTIMS OF THE NORTH-EASTERN JAPAN EARTHQUAKE」共同2013年06月
(平成25年)
18th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, Barcelona, Spain 
43.「SWIMMING EXERCISE INCREASE MAGNESIUM REQUIREMENT IN RATS」共同2013年06月
(平成25年)
18th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, Barcelona, Spain 
44.「EFFECT OF NUTRITIONAL EDUCATION PROGRAM ON ADHERENCE TO DESIRABLE DIETARY BEHAVIOR IN ELITE ADOLESCENT FOOTBALL PLAYERS」共同2013年06月
(平成25年)
18th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, Barcelona, Spain 
45.「大学生が定義する望ましい食生活  運動・身体活動が望ましい食生活に及ぼす影響」共同2013年09月
(平成25年)
第68回 日本体力医学会(東京) 
46.「運動実施状況の異なる大学生を対象とした知識が望ましい食行動に及ぼす影響」共同2013年09月
(平成25年)
第68回 日本体力医学会(東京) 
47.「Jリーグジュニアユースを対象とした食生活の現状に及ぼす支援の影響」共同2013年10月
(平成25年)
第11回 日本セルフメディケーション学会(東京) 
48.「高校ラグビー選手の食生活の現状と食事指導」共同2014年03月
(平成26年)
日本発育発達学会 第12回大会(大阪) 
49.「RELATIONSHIP BETWEEN UNDESIRABLE EATING HABITS AND HEALTH-RELATED COMPLAINTS OF ELITE HIGH SCHOOL TRACK AND FIELD ATHLETES」共同2014年07月
(平成26年)
19th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, Amsterdam, Netherland 
50.「EXCESS DIETARY MAGNESIUM INCREASES EXPRESSION OF TRPM7, BUT DOES NOT IMPROVE THE AMOUNT OF MAGNESIUM IN RAT SKELETAL MUSCLE OF SWIMMING EXERCISED RATS」共同2014年07月
(平成26年)
19th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, Amsterdam, Netherland 
51.「自治体主管の行事への参加状況と地域住民の健康観・健康行動」共同2014年09月
(平成26年)
第69回 日本体力医学会(長崎) 
(講演・公開講座等)
1.「立教大学ウェルネス研究所セミナー「育ち盛りの子供のスポーツ栄養食事学講座・ビタミンミネラルの栄養」」単独2002年11月
(平成14年)
立教大学ウェルネス研究所主催(立教大学) 
2.「第2回ウエルネススクール講座「からだづくりのための食事学」」共同2003年03月
(平成15年)
特定非営利活動法人ウエルネススクール主催(鳥取)
 
3.「東海大学スポーツセミナー 中高齢者を対象とした運動処方・食事指導およびサプリメント
単独2004年06月
(平成16年)
東海大学スポーツ医科学研究所主催(平塚)

 
4.「第4回 ウエルネススクール講座スポーツと食生活(パネルディスカッション)
共同2005年03月
(平成17年)
特定非営利活動法人ウエルネススクール主催(鳥取) 
5.「健康的な日常生活を送るために / 健康づくりの運動と栄養」共同2005年07月
(平成17年)
城西国際大学 
6.「健康づくりの運動と栄養」単独2005年09月
(平成17年)
横川町教育委員会生涯学習課 寿教室 
7.「健康づくりの運動と栄養」単独2005年10月
(平成17年)
鴨川市教育委員会生涯学習課 
8.「健康的な日常生活を送るために / 健康づくりの運動と栄養」単独2006年07月
(平成18年)
大網白里町 
9.「健康的な日常生活を送るために / 健康づくりの運動と栄養」単独2006年07月
(平成18年)
御宿町 
10.「平成21年度黒潮ブロック行政栄養士研究会
 アンケート調査の方法と結果のまとめ方
 「とうがね健康プラン21」中間評価実施にあたって」
単独2009年08月
(平成21年)
山武保健所 
11.「第18回スポーツ栄養研究会
 行動科学に基づくアスリートの栄養教育」
共同2010年06月
(平成22年)
アクティ徳島 
12.「平成22年度食育指導者研修
 効果的な食育推進事業の展開」
単独2010年08月
(平成22年)
長生保健福祉センター 
13.「第60次 夷隅教育研究集会 学校栄養分科会
 よりよい食育を目指して スポーツと栄養」
単独2010年08月
(平成22年)
岬ふれあい会館 
14.「第8回日本フットボール学会
 フットボールの栄養学」
共同2010年12月
(平成22年)
立教大学 
15.「東金市食生活改善協議会中央研修
 健やかに過ごすための栄養学」
単独2011年01月
(平成23年)
東金市ふれあいセンター 
16.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養』」共同2011年08月
(平成23年)
城西国際大学 鴨川キャンパス 
17.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2011年08月
(平成23年)
城西国際大学 東金キャンパス 
18.「東金市食生活改善協議会中央研修
 続 健やかに過ごすための栄養学」
単独2012年01月
(平成24年)
東金市ふれあいセンター 
19.「平成23年度健康づくり指導者講座
 栄養指導の注意点」
単独2012年01月
(平成24年)
千葉県総合スポーツセンター 
20.「スポーツニュートリションセミナー
 アスリートから高齢者まで、すそ野が広がる人口に必要なサポートを考える」
共同2012年05月
(平成24年)
ifia JAPAN 2012 / HFE JAPAN 2012(東京ビッグサイト)行動科学を応用したジュニア育成世代のスポーツ栄養指導と食育 
21.「サプリメント・健康食品などの上手な使い方
 食品表示を活用してみましょう」
単独2012年05月
(平成24年)
長生保健所管内食生活改善協議会総会(長生合同庁舎) 
22.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2012年08月
(平成24年)
城西国際大学 鴨川キャンパス 
23.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」単独2012年08月
(平成24年)
城西国際大学 東金キャンパス 
24.「食生活改善推進委員に望むこと
単独2013年01月
(平成25年)
平成24年度 東金市食生活改善協議会研修会 
25.「第22期マスターコース高齢者体力つくり支援士資格検定講習会
 高齢者の運動と栄養」
単独2013年07月
(平成25年)
横浜市スポーツ医科学センター 
26.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2013年08月
(平成25年)
城西国際大学 鴨川キャンパス 
27.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2013年08月
(平成25年)
城西国際大学 東金キャンパス 
28.「サプリメント・健康食品の上手な使い方」単独2014年05月
(平成26年)
東金市食生活改善協議会研修会 
東金市 ふれあいセンター
 
29.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2014年08月
(平成26年)
城西国際大学 鴨川キャンパス 
30.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2014年08月
(平成26年)
城西国際大学 東金キャンパス 
31.「平成26年度(公財)日本体育協会 公認スポーツ栄養士義務講習会
 行動科学技法を用いたスポーツ選手への食事支援と栄養教育」
単独2014年10月
(平成26年)
東京ファッションタウンビル10F 
32.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2015年08月
(平成27年)
城西国際大学 鴨川キャンパス 
33.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2015年08月
(平成27年)
城西国際大学 東金キャンパス 
34.「代表選手やトップチームを支える本物の食・栄養のサポートとチームマネジメント
 競泳日本代表主将 金藤選手の食事」
共同2016年08月
(平成28年)
ウェルネスフードジャパン 2016
東京ビックサイト
 
35.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2016年08月
(平成28年)
城西国際大学 鴨川キャンパス 
36.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2016年08月
(平成28年)
城西国際大学 東金キャンパス 
37.「競泳日本代表主将 金藤理絵選手の食事
東海大学水泳部 「加藤コーチ」との取組み」
単独2016年08月
(平成28年)
伊勢崎佐波食品衛生協会(群馬) 
38.「世界を獲ったコーチング 金メダリストコーチの考え方
 <金メダリストの食事・栄養>」
共同2017年07月
(平成29年)
ウェルネスフードジャパン 2017 東京ビッグサイト 
39.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2017年08月
(平成29年)
城西国際大学 鴨川キャンパス 
40.「よりよい食育を目指して スポーツと栄養」共同2017年08月
(平成29年)
城西国際大学 東金キャンパス 
41.「リオ五輪 競泳女子200M 平泳ぎ 金メダリスト 金藤理絵選手への支援
東海大学水泳部 加藤健志ヘッドコーチとの取組み」
単独2017年08月
(平成29年)
日本スポーツ栄養学会 第4回大会 
ランチョンセミナー
大妻女子大学
 
(助成金)
1.「運動時の摂取マグネシウムの動態解明と疾病予防効果」研究代表者2010年04月
(平成22年)
科学研究費補助金その他 
2.「運動時のMgの有用性とメカニズムに関する研究」研究代表者2012年04月
(平成24年)
科学研究費補助金基盤研究(C) 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
(1)運動時の摂取マグネシウムの動態解明と疾病予防効果研究代表者2010年04月
(平成22年)
科学研究費補助金
その他
若手研究(B)
研究課題番号:22700654
(2010〜2011年度)
ラットを用いて運動負荷時のMg動態について検討する。Mgはその摂取の不足が危惧され、またその不足はある種の疾病の発症に関与が示唆されている。一方で、生体内での役割から運動時の要求性の増大やパフォーマンスの向上への関与が指摘されている。そこで運動負荷ラットを用い、摂取Mg量、負荷運動強度や負荷時間の相違がもたらす、血液および各臓器中のMg分布や出納について検討する。とりわけ血液ガスとの関係性、骨格筋でのエネルギー代謝への影響および腎臓における排泄機構について検討を行い、運動時のMg摂取の有益性について検討する。
(2)運動時のMgの有用性とメカニズムに関する研究研究代表者2012年04月
(平成24年)
科学研究費補助金
基盤研究(C)
基盤研究(C)
研究課題番号:24500797
(2012〜2015年度)
本研究では,ラットを用いて運動時のマグネシウム(Mg)動態について検討する.Mgは国民健康栄養調査においても摂取の不足が危惧されている.Mgの不足はある種の疾病発症への関与が示唆され,またその生体内における役割から,運動時の要求性の増大やパフォーマンスの向上への関与も指摘される.実際にMgサプリメントを使用するアスリートは国内外に散見される.しかしながらMgの生体内動態については不明な点が多い.そこで運動時のMgの消化管吸収,尿中排泄および骨格筋への取り込みについて運動負荷モデルラットを用いて検討する.得られた知見は,スポーツ選手や運動実施者の食事支援や栄養教育に有用であり,また食行動と運動行動を併せた生活習慣病予防の介入プログラムの開発にも貢献するものと考える.
もどる