もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナナモト ミツオ職 位准教授所 属 環境社会学部
 環境社会学科
氏  名名本 光男
主  な  学  歴
年  月事         項
1989年04月
(平成元年)
東海大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期(入学)
1992年03月
(平成4年)
東海大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期(満期退学)
1997年03月
(平成9年)
東海大学文学部史学科研修員(修了)
主  な  職  歴
年  月事         項
1991年04月
(平成3年)
ライオグランデ大学日本校非常勤講師
1993年04月
(平成5年)
東京女学館短期大学非常勤講師
1995年04月
(平成7年)
アレン国際短期大学非常勤講師
2002年04月
(平成14年)
西武文理大学サービス経営学部非常勤講師
2004年04月
(平成16年)
東北文化学園大学総合政策学部総合政策学科非常勤講師
2009年04月
(平成21年)
城西国際大学リベラルアーツ&サイエンスセンター研究員
2010年04月
(平成22年)
城西国際大学環境社会学部環境社会学科准教授
2011年04月
(平成23年)
城西国際大学李ベアルアーツ&サイエンスセンター副所長
学会及び社会における活動等
所属学会◎東北地理学会、◎東海史学会、◎日本村落研究学会、◎日本文化人類学会
年  月事         項
1986年04月
(昭和61年)
東北地理学会 (現在に至る)
1988年04月
(昭和63年)
東海史学会 (現在に至る)
1992年04月
(平成4年)
日本村落研究学会 (現在に至る)
1996年04月
(平成8年)
日本文化人類学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
 特になし
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・生態人類学
・民俗学
・日本史
・沖縄・東北地方・祖先祭祀・スローライフ・環境利用
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
全学的e-learning導入に向けた特定の学生を対象とした試行2009年10月
(平成21年)
e-larningのソフトをオープンソースのMoodleに特定し、言語、非言語の問題を作成し、国際交流学科の1年生を対象として、2週間に渡って、試行した。その結果、学生のアクセス状況、問題への取組等の情報を得ることができた。
全学的e-learning導入に向けた特定の学生を対象とした試行2009年12月
(平成21年)
e-larningのソフトをオープンソースのMoodleに特定し、言語、非言語の問題を作成し、国際交流学科の1年生を対象として、2週間に渡って、試行した。その結果、学生のアクセス状況、問題への取組等の情報を得ることができた。
e-learningの導入2010年04月
(平成22年)
平成21年度に試験を繰り返していたMoodleを本格的に導入し、学外からでもアクセスして学習をすることが可能になった。
e-learningの実践2011年04月
(平成23年)
Moodleを利用して、入学予定者に対する導入教育、環境社会学部学生に対するSPI対策、環境社会検定に対する対策を開始した。
2.作成した教科書、教材
 特になし
  
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
第6回 環境ウォークinときがね湖2010年10月
(平成22年)
東金市にある人造湖、ときがね湖の周遊道路で実施された環境ウォークに、都市における屋上緑化に関するパネルを展示して、環境ウォークにエントリーした人々に屋上緑化の実態と効果、問題点を説明し、理解していただいた。
エコメッセ2013年09月
(平成25年)
エコメッセに出展し、環境社会学部の取り組みについて展示
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(著書)
1.『ぐうたら学入門』単著2005年10月
(平成17年)
中央公論新社 
(学術論文)
1.「凶作常習地域における生存機構の生態史的研究
 −津軽の新田地帯を事例として−」
単著1986年03月
(昭和61年)
凶作常習地域における生存機構の生態史的研究
 −津軽の新田地帯を事例として−
筑波大学大学院環境科学研究科環境科学専攻修士論文(学術修士)
pp.1-200
 
2.「飢饉の天候に関する一考察
 −津軽の稲作地帯を事例として−」
単著1987年01月
(昭和62年)
『湘南史学』第9号pp.75-82 
3.「東北のムラ社会に関する一考察
 −青森県上北町大浦地区の事例から−」
単著1993年03月
(平成5年)
『湘南史学』第13号pp.29-38 
4.「凶作・飢饉常襲地域に見られる生存戦略
 −津軽新田地帯を事例として−」
単著1995年03月
(平成7年)
『東海史学』第30号pp.1-23 
5.「生存機構としての村落社会
 −青森県西津軽郡車力村を事例として−」
単著1996年03月
(平成8年)
『村落社会研究』第4号pp.8-18 
6.「自分たちのルーツは自らの手で発掘しよう
 −津久井城址発掘の現場から 地域に根ざした考古学を目指して」
単著1997年11月
(平成9年)
『望星』第28巻第11号pp.33-36 
7.「津久井城」共著1998年03月
(平成10年)
神奈川県津久井土木事務所「第6章 考察 第1節 津久井城跡の歴史的背景」(共著者:名本光男、石丸煕、近藤英夫、小柳美貴、守谷浩之)pp.78-85 
8.「旧正月の行事から学びたい「自然観」
 −旧暦の暮らしを大切にする沖縄粟国島の人々−」
単著2001年07月
(平成13年)
『望星』第32巻第7号pp.78-85 
9.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第一章」
単著2002年10月
(平成14年)
『望星』第33巻第10号pp.66-73 
10.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第二章
 果報は寝て待て(上)」
単著2002年11月
(平成14年)
『望星』第33巻第11号pp.66-75 
11.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第二章 果報は寝て待て(下)」
単著2002年12月
(平成14年)
『望星』第33巻第12号pp.65-72 
12.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第三章
 なまけ者の節句働き」
単著2003年01月
(平成15年)
『望星』第34巻第1号  
13.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第四章
 行き当たりばったり」
単著2003年02月
(平成15年)
『望星』第34巻第2号 
14.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第五章
 幸福への道」
単著2003年03月
(平成15年)
『望星』第34巻第3号 
15.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第五章
 村で一番大事なものは?」
単著2003年04月
(平成15年)
『望星』第34巻第4号 
16.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第六章「勤勉」が社会を壊す」
単著2003年05月
(平成15年)
『望星』第34巻第5号 
17.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第七章 貪欲がもたらす不幸」
単著2003年06月
(平成15年)
『望星』第34巻第6号 
18.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第八章 無事という幸せ」
単著2003年07月
(平成15年)
『望星』第34巻第7号 
19.「村の「遊び日」ときびしい規制
 自然のもとの平等、安心、公平」
単著2003年08月
(平成15年)
『現代農業8月増刊号』61号 
20.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第九章 自然の慈悲(上)」
単著2003年08月
(平成15年)
『望星』第34巻第8号 
21.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第九章 自然の慈悲(下)」
単著2003年09月
(平成15年)
『望星』第34巻第9号 
22.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第十章 自然界と人間界」
単著2003年10月
(平成15年)
『望星』第34巻第10号 
23.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 第十章 自然界と人間界」
単著2003年11月
(平成15年)
『望星』第34巻第11号 
24.「ぐうたらの勧め 日本昔話が伝える「スロー・ライフ」の思想
 −脱「勤勉」の生き方を求めて− 終章 この世は物語」
単著2003年12月
(平成15年)
『望星』第34巻第12号 
25.「新しい生き方を模索する過疎地域
 −沖縄県粟国島から−」
単著2005年07月
(平成17年)
『望星』第36巻第7号 
26.「本の昔話の動物たちはなぜ人に化けたか」単著2006年03月
(平成18年)
『望星増刊 青鴎2006年春号』通巻442号 
27.「遊びながら仕事をする人々
 −粟国の塩作り」
単著2006年05月
(平成18年)
『月刊みんぱく』第30巻第5号 
28.「仕事も遊びもゴッタ煮で! 「いいかげんな生き方」のすすめ 第1章 仕事と幸福」単著2007年02月
(平成19年)
『望星』第38巻第2号 
29.「仕事も遊びもゴッタ煮で! 「いいかげんな生き方」のすすめ 第2章 遊びながら作る『粟国の塩』」単著2007年06月
(平成19年)
『望星』第38巻第6号 
30.「仕事も遊びもゴッタ煮で! 「いいかげんな生き方」のすすめ 第3章 自然農という“遊び”」単著2007年08月
(平成19年)
『望星』第38巻第8号 
31.「仕事も遊びもゴッタ煮で! 「いいかげんな生き方」のすすめ 第4章 整備の仕事に潜む“遊び”」単著2007年10月
(平成19年)
『望星』第38巻第10号 
32.「仕事も遊びもゴッタ煮で! 「いいかげんな生き方」のすすめ 第5章 近未来都市の女性庭師」単著2007年12月
(平成19年)
『望星』第38巻第12号 
33.「仕事も遊びもゴッタ煮で! 「いいかげんな生き方」のすすめ 第6章 子ども工房バオバブの時間」単著2008年02月
(平成20年)
『望星』第39巻第2号  
34.「仕事も遊びもゴッタ煮で! 「いいかげんな生き方」のすすめ 第7章 「自らの時間」への信頼感」」単著2008年05月
(平成20年)
『望星』第39巻第5号 
35.「遊ぶこと・働くこと・生きること シリーズ第一回」単著2008年07月
(平成20年)
『望星』第39巻第7号 
36.「七夕伝説はどこから生まれたのか? 織姫・彦星の切ない恋の行方」単著2008年07月
(平成20年)
『創作市場研究所 vol.2 布のスケッチ〜絹(シルク)ノート』マリア書房pp.26-29 
37.「古写真にみるキモノ文化」単著2008年07月
(平成20年)
『創作市場研究所vol.2 布のスケッチ〜絹(シルク)ノート』マリア書房pp.34-39 
38.「遊ぶこと・働くこと・生きること シリーズ第二回 稼ぐことと仕事」単著2008年09月
(平成20年)
『望星』第39巻第9号 
39.「遊ぶこと・働くこと・生きること シリーズ最終回 「あそび」にこそ?生きる?」単著2008年12月
(平成20年)
『望星』第39巻第12号pp.75-84 
40.「伊佐達雄『中ん大屋の祭り事』」単著2010年03月
(平成22年)
『物質文化研究』第7号pp.1-22 
41.「異類婚姻譚に見る日本人の自然観について
 日本人は動物をどのように見てきたか」
単著2011年03月
(平成23年)
『城西国際大学紀要』第19巻第7号 
(書評・エッセイ等)
1.「資料室だより(1)」単著1998年07月
(平成10年)
松前文庫』第94集pp.44-45 
2.「資料室だより(2)」単著1999年02月
(平成11年)
『松前文庫』第96集pp.53-55 
3.「渋沢資料館見学記」単著1999年06月
(平成11年)
『大学アーカイヴズ』No.20pp.17-18 
4.「西田幾多郎の残したメッセージ」単著2000年04月
(平成12年)
『望星』第31巻第4号pp.95-96 
5.「たくましく、優しいオバァたち」単著2001年04月
(平成13年)
『望星』第32巻第4号pp.98-99
 
6.「森の中から語ることばの説得力」単著2001年07月
(平成13年)
『望星』第32巻第7号pp.96-97
 
7.「エイズ患者の心を描いた秀作」単著2001年08月
(平成13年)
『望星』第32巻第8号pp.100-101 
8.「心が安らぐ場所−「里」」単著2001年09月
(平成13年)
『望星』第32巻第9号pp.96-97 
9.「身につまされるホームレスの思い」単著2002年04月
(平成14年)
『望星』第33巻第4号pp.92-93 
10.「ローカルであることを見直す」単著2006年02月
(平成18年)
『望星』第37巻第2号pp.88-89 
11.「繁栄の向こうに広がる破滅」単著2006年05月
(平成18年)
『望星』第37巻5号pp.98-99 
12.「農村で暮らす幸せ」単著2006年10月
(平成18年)
『望星』第37巻第10号pp.90-91 
13.「消滅寸前の山村文化」単著2009年04月
(平成21年)
『望星』第40巻第4号pp.90-91
 
14.「生態系を考える視点」単著2010年02月
(平成22年)
『望星』第41号第2号pp.100-101 
15.「トウェインと現代アメリカ」単著2010年04月
(平成22年)
望星』第41巻第4号pp.102-103 
16.「病める人工林の現在」単著2010年04月
(平成22年)
『望星』第41巻第4号pp.98-99 
17.「戦争の苦しみの深さ」単著2010年08月
(平成22年)
『望星』第41巻第8号pp.106-107 
18.「畏敬の念と神々しさ」単著2010年10月
(平成22年)
『望星』第41巻第10号pp.104-105
 
19.「夏至に思うこと─ 旧暦考(1)─」単著2018年06月
(平成30年)
城西国際大学環境社会学部webサイト(https://www.jiu.ac.jp/env/news/detail/id=2686) 
20.「七夕を考える─ 旧暦考(2)─ 」単著2018年07月
(平成30年)
城西国際大学環境社会学部webサイト(https://www.jiu.ac.jp/env/news/detail/id=2773) 
21.「キャンパス内のトチノキから考える」単著2018年08月
(平成30年)
城西国際大学環境社会学部webサイト(https://www.jiu.ac.jp/env/news/detail/id=3052) 
22.「お盆を考える─ 旧暦考(3)─」単著2018年08月
(平成30年)
城西国際大学環境社会学部webサイト(https://www.jiu.ac.jp/env/news/detail/id=3005) 
23.「災害について考える─被害者遺族の立ち直りについて─」単著2018年09月
(平成30年)
城西国際大学環境社会学部webサイト(https://www.jiu.ac.jp/env/news/detail/id=3118) 
24.「2018年度環境社会国内研修実施報告」単著2019年03月
(平成31年)
『JIU 環境社会』第6巻第1号 
(学会発表)
1.「北方稲作民の生存機構に関する一考察」単独1988年10月
(昭和63年)
東海史学会昭和63年度大会 
2.「東北のムラ社会の生態史的研究
 −青森県津軽地方と南部地方を比較して−」
単独1993年03月
(平成5年)
第22回生態人類学研究会(現 生態人類学会) 
3.「もう一つの稲作文化
 −津軽と南部の村落を比較して−」
単独1997年03月
(平成9年)
アジア稲作問題研究会第4回例会 
(講演・公開講座等)
1.「最近流行のスローライフについて」単独2004年02月
(平成16年)
かわさきFM「古今とうざい」(79.1MHz、17:00〜18:00) 
2.「伝統的なスローライフについて」単独2005年09月
(平成17年)
かわさきFM「かわさきFMサロン」(79.1MHz、13:00〜14:00) 
3.「特別講座3>東北の風土とスローライフ
 −地域から見えてくるもの−民話に見るスローライフ」
単独2006年04月
(平成18年)
東北文化学園大学 
4.「<特別講座3>東北の風土とスローライフ
 −地域から見えてくるもの−東北における人と自然の生態史」
単独2006年05月
(平成18年)
東北文化学園大学 
5.「沖縄粟国島の人々に学ぶスローライフ
 〜塩づくりに携わる人々を見つめて <環境講座>」
単独2007年03月
(平成19年)
東京都品川区環境情報活動センター 
6.「ふたたびスローライフについて」単独2007年06月
(平成19年)
かわさきFM「かわさきFMサロン」(79.1MHz、13:00〜14:00) 
7.「日本人の自然観」単独2013年12月
(平成25年)
津田塾大学 
8.「スローライフについて」単独2014年02月
(平成26年)
文化放送「林家所蔵のサンデーユニバーシティ」(7:30〜8:00) 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる