もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナヤマダ マキコ職 位准教授所 属 看護学部
 看護学科
氏  名山田 万希子
主  な  学  歴
年  月事         項
1989年03月
(平成元年)
千葉県立衛生短期大学 第1看護学科(卒業)
1990年03月
(平成2年)
東京都立医療技術短期大学 助産学専攻科(卒業)
2003年03月
(平成15年)
日本大学大学院 総合社会情報研究科(修了)
主  な  職  歴
年  月事         項
1990年04月
(平成2年)
東京歯科大学市川総合病院 助産師
1996年01月
(平成8年)
千葉県立衛生短期大学 看護学科 非常勤助手
1997年04月
(平成9年)
千葉県立衛生短期大学 看護学科 助手
2012年04月
(平成24年)
城西国際大学 看護学部 看護学科 助教
学会及び社会における活動等
所属学会◎日本母性衛生学会、◎日本看護科学学会
年  月事         項
2011年04月
(平成23年)
日本母性衛生学会 (現在に至る)
2011年04月
(平成23年)
日本思春期学会 (現在に至る)
2012年06月
(平成24年)
日本看護科学学会 (現在に至る)
2014年04月
(平成26年)
日本助産学会 (現在に至る)
2014年04月
(平成26年)
日本生殖看護学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2015年07月
(平成27年)
新生児蘇生法「専門」Aコース終了認定
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・母性看護 周産期看護
 
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例
 特になし
  
2.作成した教科書、教材  
母性看護学 技術演習資料の作成2014年03月
(平成26年)
母性看護学実習で実践される技術についてわかりやすく記載したもの。学内演習試験に対応した評価表も掲載している。
母性看護学 技術演習資料の作成(第2版)2015年05月
(平成27年)
母性看護学実習で実践される技術についてわかりやすく記載したもの。学内演習試験に対応した評価表も掲載している。
母性看護学 技術演習資料の作成(第3版)2016年06月
(平成28年)
母性看護学実習において必要な技術を記載し、まとめたもの。技術において変更があった箇所の修正と評価表の再修正を行っている。
母性看護学 技術演習資料の作成(第3版)
2017年05月
(平成29年)
母性看護学実習において必要な技術を記載し、まとめたもの。技術において変更があった箇所の修正と評価表の再修正を行っている。
母性看護学演習資料作成2018年09月
(平成30年)
内容の変更や評価方法について、追加・修正を行う。臨地実習において必要不可欠な技術について特化して作成している。
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
助産師会主催 特別講演会開催2014年11月
(平成26年)
「助産師が伝える男子力・女子力UP講座 ―自分を知り、自分を守るために生と性の在り方を学ぼう―」地域の助産師と協力し開催する。個別相談も行う。
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(学術論文)
1.「山武保健所所管区域のおける社会資源の現状
 インターネット公開情報を活用して」
共著2012年10月
(平成24年)
城西国際大学 紀要 
2.「JIU生涯学習受講住民おの健康および医療・福祉ニーズ調査」共著2012年10月
(平成24年)
城西国際大学 紀要 
3.「地方都市に居住する地域住民の健康課題と医療・福祉ニーズに関する実態調査」共著2013年10月
(平成25年)
城西国際大学 紀要 
4.「スチーム式足浴の実施時間が身体に与える影響」共著2015年03月
(平成27年)
城西国際大学 紀要 
5.「発話によるストレスのための唾液中クロモグラニンA,アミラーゼ活性の測定」共著2017年03月
(平成29年)
城西国際大学紀要 第25巻 第8号 看護学部実験調査 
6.「学生が実施するハンドマッサージの効果検証 −生体的・心理的指標から−」共著2017年03月
(平成29年)
城西国際大学 第25巻 第8号実験調査 
7.「受動的「発話」が高齢者の嚥下機能および生理機能に与える効果」共著2018年03月
(平成30年)
城西国際大学 紀要実験協力、データ採取、検体採取 
8.「高齢者に対する「発話」促進援助による嚥下機能、生理機能、心理的側面への効果」共著2019年03月
(平成31年)
城西国際大学紀要実験担当をし、データの収集を行う。論文内容確認。 
9.「虚弱高齢者の口腔細菌数の実態」共著2019年03月
(平成31年)
城西国際大学紀要実験を担当し、データの収集を行った。論文内容確認。 
(学会発表)
1.「生涯学習の場に通う住民の健康課題と医療・福祉ニーズに関する実態調査
 都市群と医療過疎地域を比較して」
共同2012年12月
(平成24年)
日本看護科学学会 
2.「介護老人保健施設入所者の口腔細菌数の実態」共同2013年09月
(平成25年)
第19回 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会調査・結果 
3.「嚥下機能における受動的「発話」の効果」共同2014年09月
(平成26年)
第20回 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 
4.「大学生を対象とした助産師による性と生殖に関する健康教育の効果」共同2015年07月
(平成27年)
第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会調査、結果 
5.「健康高齢者の能動的発話(おしゃべり)が嚥下機能に与える効果」共同2016年09月
(平成28年)
摂食嚥下リハビリテーション学会実験 解析 
6.「健康高齢者の「発話」が嚥下機能および心身に与える効果
共同2016年12月
(平成28年)
第36回 看護科学学会実験調査 
7.「施設入居虚弱高齢者の「発話」が嚥下機能および心身に与える効果 」共同2017年12月
(平成29年)
第37回日本看護科学学会学術集会実験、データ採取、検体採取 
(講演・公開講座等)
1.「知って得する健康知識 ハンドマッサージ 」共同2013年11月
(平成25年)
城西国際大学薬草園 (夷隅郡大多喜町大多喜486)
ハンドマッサージ実施におけるサポート 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
(1)「発話」を活用した嚥下機能維持・向上ケアモデルの構築と有効性の検証研究分担者2013年04月
(平成25年)
独立行政法人 日本学術振興会
平成25年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
研究課題番号:25463587(2013〜2015年度:380万円)
もどる