もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナオオタ ユキオ職 位助教所 属 看護学部
 看護学科
氏  名太田 幸雄
主  な  学  歴
年  月事         項
1970年01月
(昭和45年)
千葉県立千葉南高等学校 普通科(卒業)
1970年01月
(昭和45年)
千葉県立衛生短期大学 第一看護学科(卒業)
1970年01月
(昭和45年)
千葉大学 教育学部 小学校教員養成課程(卒業)
1970年01月
(昭和45年)
筑波大学大学院 体育研究科(卒業)
1977年04月
(昭和52年)
千葉県立千葉南高等学校 普通科(入学)
1981年04月
(昭和56年)
千葉大学 教育学部 小学校教員養成課程(入学)
1987年04月
(昭和62年)
千葉県立衛生短期大学 第一看護学科(入学)
1993年04月
(平成5年)
筑波大学大学院 体育研究科(入学)
主  な  職  歴
年  月事         項
1990年04月
(平成2年)
千葉県千葉リハビリテーションセンター 看護師
1994年06月
(平成6年)
千葉県立衛生短期大学 第一看護学科 助手
1996年04月
(平成8年)
飯田女子短期大学 看護学科 専任講師
1999年04月
(平成11年)
帝京平成短期大学 看護学科 専任講師
2000年04月
(平成12年)
国立下総療養所 看護師
2005年04月
(平成17年)
千葉市青葉看護専門学校 看護専任教員
2012年04月
(平成24年)
城西国際大学 看護学部 看護学科 助教
学会及び社会における活動等
所属学会 
年  月事         項
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
1996年07月
(平成8年)
修士号(体育学)
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・生物系・医歯薬学・看護学
・臨床看護学(精神看護学)
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
看護学部1期生(4年生)の看護師国家試験対策学習指導の計画と実施2015年04月
(平成27年)
授業外における学習を促進する取り組みとして、看護師国家試験対策室長の立場から、看護学部1期生(4年生)の看護師国家試験100%全員合格のための年間学習指導計画を、担当教授の指導の下、作成し取り組んできた。自らも、補習等の正規授業外の講義を担当し実施するなど、率先して実施にかかわっており、徐々にではあるが、学生の模試の結果の上昇がみられている。
看護学部1期生(4年生)の看護師国家試験対策学習指導の計画と実施2015年10月
(平成27年)
授業外における学習を促進する取り組みとして、前期に引き続き、看護学部1期生(4年生)の看護師国家試験年間学習指導計画に基づき、学習指導を行った。自らも、補習等の正規授業外の講義を担当し実施したが、結果的には、受験者全員合格の目標を達成することができなかった。
2.作成した教科書、教材
 特になし
  
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
「こころのケア勉強会」の開催、実施2016年09月
(平成28年)
平成28年9月3日に小林みゆき先生を講師として、第一回目の「こころのケア勉強会」を行った。勉強会の運営において事務局の立場でかかわった。色々な立場の精神科看護に携わる人が集まり、精神科看護についてのレクチャーや事例検討会など様々な角度から語り合い、学び合うことを目的に行った。勉強会には4つの病院の看護師計8名の参加が見られた。勉強会では、レクチャーを受けての学びのみならず、お互いの仕事上の悩みを共有し交流することもでき、楽しく有意義な時間を過ごすことができた。本学の地域貢献の目的のみならず、ひいては学生募集にもつながっていくものと思われる。
こころのケア勉強会」の開催、実施2017年01月
(平成29年)
小林先生を講師として、陰性感情とは、陰性感情と感情労働及びバーンアウトとの関連、転移・逆転移と陽性・陰性感情、グループプロセス、エモーショナルリテラシーについてレクチャーした。また、メンバーの所属施設での、退院に向けてのかかわりや総合病院の中の精神科病棟の機能や役割など、それぞれの特徴や違いを話し合い、理解を深め共有した。
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(学術論文)
1.「健康の哲学的意義 (修士論文)」単著1996年03月
(平成8年)
筑波大学大学院体育研究科(修士論文抄録集)第19巻PP.737〜741 
2.「臨地実習前後における学生の自我状態の傾向と特徴に関する一考察
 〜エゴグラム及び面接から現状分析を行って〜」
共著2000年03月
(平成12年)
「帝京平成短期大学紀要」第10号
PP.61〜72 
3.「Interprofessional education プログラム実施報告
 ー看護学生の気づきと学びー」
共著2012年10月
(平成24年)
城西国際大学看護学部紀要 
(学会発表)
1.「長期個室隔離患者の開放を目指して
 〜段階的かつ個別性を考慮した介入を振り返って〜」
共同2001年11月
(平成13年)
第56回国立病院療養所総合医学会(仙台市、仙台国際センター) 
2.「痴呆症患者の看護
 〜痴呆行動障害尺度(DBD -scale)からみた患者行動の推移と看護の一考察〜」
共同2003年10月
(平成15年)
第58回国立病院療養所総合医学会(札幌市、札幌コンベンションセンター) 
3.「精神科急性期病棟入院患者の満足度に関する研究
 〜看護サービスを中心として〜」
共同2003年10月
(平成15年)
第58回国立病院療養所総合医学会(札幌市、札幌コンベンションセンター) 
4.「養護実習の学びの構造
 −教職実践演習内容の分析から−」
共同2017年10月
(平成29年)
日本養護教諭教育学会第25回学術集会 
(その他)
1.「養護実習の学びの内容と構造

 ―教職実践演習のレポート分析から―」
共著2017年12月
(平成29年)
城西国際大学教職課程年年報 
2.「看護系学部における養護実習の経験内容の特徴と課題」共著2018年12月
(平成30年)
城西国際大学教職課程年報第2号 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる