もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナイイジマ アキ職 位助教所 属 看護学部
 看護学科
氏  名飯島 亜樹
主  な  学  歴
年  月事         項
1995年04月
(平成7年)
私立昭和学院秀英高等学校(入学)
1998年03月
(平成10年)
私立昭和学院秀英高等学校(卒業)
1998年04月
(平成10年)
杏林大学保健学部看護学科(入学)
2002年04月
(平成14年)
杏林大学保健学部看護学科(卒業)
2009年04月
(平成21年)
東京女子医科大学大学院看護学研究科 博士前期課程(入学)
2011年03月
(平成23年)
東京女子医科大学大学院看護学研究科 博士前期課程(修了)
2018年04月
(平成30年)
順天堂大学大学院医療看護学研究科 博士後期課程(入学)
主  な  職  歴
年  月事         項
2002年04月
(平成14年)
杏林大学医学部付属病院
2005年08月
(平成17年)
千葉市立西小中台小学校
2006年04月
(平成18年)
東京女子医科大学八千代医療センター
学会及び社会における活動等
所属学会◎日本ウーマンズヘルス学会、◎日本看護科学学会、◎日本フォレンジック看護学会、◎日本周産期メンタルヘルス学会、日本助産学会
年  月事         項
2010年07月
(平成22年)
日本ウーマンズヘルス学会 
2015年07月
(平成27年)
日本看護科学学会 
2017年07月
(平成29年)
日本フォレンジック看護学会 
2018年05月
(平成30年)
日本周産期メンタルヘルス学会 
2018年10月
(平成30年)
日本助産学会 
賞         罰
年  月事         項
2011年03月
(平成23年)
修士論文にてKidney太田奨励賞 受賞
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2016年11月
(平成28年)
アドバンス助産師資格
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・看護学
・生涯発達看護学・助産学
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例
 特になし
  
2.作成した教科書、教材
 特になし
  
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献
 特になし
  
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(著書)
1.『周産期看護学
 看護基準・標準看護計画・クリニカルパス』
共著2003年09月
(平成15年)
医学書院 
2.『保健指導キャッチ 異常徴候の見分け方
 動悸・めまい・立ちくらみ・息苦しさ・頭痛』
共著2010年01月
(平成22年)
メディカ出版「ペリネイタルケア29巻1号」 
(学術論文)
1.「羊水感染に影響を及ぼす助産技術の検証」共著2011年08月
(平成23年)
日本ウーマンズヘルス学会誌 第10巻1号 
2.「助産診断を導入した全科共通の電子カルテ開発」共著2015年02月
(平成27年)
日本ウーマンズヘルス学会誌第13巻2号 
3.「分娩見学が看護学部学生に与える影響
 早期体験学習としての分娩見学」
共著2016年03月
(平成28年)
城西国際大学紀要 
(学会発表)
1.「羊水感染に影響を及ぼす助産技術の検証」共同2011年07月
(平成23年)
第10回 日本ウーマンズヘルス学会 
2.「助産診断を活用した各科共通の電子カルテ開発」共同2014年07月
(平成26年)
第13回 日本ウーマンズヘルス学会 
3.「大学生を対象とした助産師による性と生殖に関する健康教育の効果」共同2015年07月
(平成27年)
国際助産師学会(ICM) 
4.「母親の出産体験を豊かなものへ変換するための看護職によるコミュニケーション技術のあり方」共同2015年07月
(平成27年)
第14回 日本ウーマンズヘルス学会 
5.「看護大学生による命の教育
 -ピアエデュケーションの効果について-」
共同2015年11月
(平成27年)
JIU学会看護学部1・2年生が主体となって行っているゼミ活動の内容を発表した。
担当教員として、看護研究の概要について、研究方法について、調査について、倫理的配慮について、スライドの作成について、発表時の注意事項等を学生へ指導した。 
6.「看護大学生による「命の教育」の実施
 −ピアエデュケーションの効果について−」
共同2016年07月
(平成28年)
第15回 日本ウーマンズヘルス学会 
7.「分娩見学が看護学部学生に与える影響
 早期体験学習としての分娩見学」
共同2016年07月
(平成28年)
第15回 日本ウーマンズヘルス学会 
8.「自分たちのからだのことを楽しく知ろう
 看護大学生によるピアエデュケーション」
共同2016年11月
(平成28年)
JIU学会 
9.「フォレンジックナースの現状と役割」共同2016年11月
(平成28年)
JIU看護学会 
10.「基礎看護学における学生の学修到達度自己評価の分析」共同2016年12月
(平成28年)
日本看護科学学会学術集会 
11.「哺乳瓶の洗浄・消毒方法の検討:文献レビューを通して」共同2017年08月
(平成29年)
日本感染看護学会学術集会 
12.「フォレンジック看護の認知度調査による学生の学び」共同2017年09月
(平成29年)
日本フォレンジック看護学 
13.「帝王切開分娩で生まれたことは、分娩のイメージに影響を与えるのか」共同2017年11月
(平成29年)
JIU看護学会 
14.「デートDV被害者に対する支援に関する文献検討」共同2018年11月
(平成30年)
JIU看護学会 
15.「子どもを抱えて離婚をした女性が自立した生活を送るまでのプロセスとは何か?」共同2018年11月
(平成30年)
JIU看護学会 
16.「オーストラリアと日本における子育ての比較
 子さ立て経験のあるオーストラリア人女性との会話を通して」
共同2019年01月
(平成31年)
JIU看護学会 
(助成金)
1.「DV被害者である母親に対する支援方法のモデル開発」研究代表者2014年11月
(平成26年)
科学研究費補助金その他 
(その他)
1.「災害時の母子支援 城西国際大学でできること」共著2010年02月
(平成22年)
学長所管研究報告 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる