もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナタニウチ コウキ職 位教授所 属 福祉総合学部
 理学療法学科
氏  名谷内 幸喜
主  な  学  歴
年  月事         項
1978年04月
(昭和53年)
新田高等学校(入学)
1981年03月
(昭和56年)
新田高等学校(卒業)
1981年04月
(昭和56年)
国立善通寺病院附属 リハビリテーション学院(入学)
1984年03月
(昭和59年)
国立善通寺病院附属 リハビリテーション学院(卒業)
1996年04月
(平成8年)
愛媛大学 法文学部(入学)
2000年03月
(平成12年)
愛媛大学 法文学部(卒業)
2000年04月
(平成12年)
愛媛大学大学院 法文学研究科(入学)
2002年03月
(平成14年)
愛媛大学大学院 法文学研究科 修士(法学)の学位授与(愛媛大学 修第 204号)(修了)
2002年04月
(平成14年)
広島大学大学院 保健学研究科(入学)
2008年09月
(平成20年)
広島大学大学院 保健学研究科 博士(保健学) の学位授与 (広島大学 第4704号)(修了)
主  な  職  歴
年  月事         項
1984年04月
(昭和59年)
公立三豊総合病院 理学療法士
1985年04月
(昭和60年)
医療法人財団尚温会 総合リハビリテーション伊予病院 理学療法士 リハビリテーション部 部長
2008年06月
(平成20年)
学校法人物療学園 大阪物療専門学校 理学療法学科長
2012年04月
(平成24年)
学校法人物療学園 大阪物療大学 保健医療学部 教授
2013年04月
(平成25年)
学校法人河?学園 大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 教授/学生部長
2017年04月
(平成29年)
城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科 教授
学会及び社会における活動等
所属学会◎公益社団法人日本理学療法士協会、◎一般社団法人理学療法科学会、◎一般社団法人日本ボバース研究会、◎特定非営利活動法人日本健康運動指導士会、◎公益社団法人日本リハビリテーション医学会
年  月事         項
1984年05月
(昭和59年)
公益社団法人日本理学療法士協会 (現在に至る)
1986年05月
(昭和61年)
一般社団法人理学療法科学会 
1993年11月
(平成5年)
一般社団法人日本ボバース研究会 
1994年08月
(平成6年)
特定非営利活動法人日本健康運動指導士会 
2012年08月
(平成24年)
公益社団法人日本リハビリテーション医学会 
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2011年04月
(平成23年)
認定理学療法士(介護予防)認定
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
 
 
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例
 特になし
  
2.作成した教科書、教材
 特になし
  
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項
 特になし
  
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献
 特になし
  
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(学術論文)
1.「脳卒中片麻痺を呈する患者における回旋運動が歩行機能に及ぼす影響」共著2014年10月
(平成26年)
大阪河?リハビリテーション大学紀要
9巻(1号)
p.9-p.14 
2.「体位変換刺激時における脊髄損傷患者の血圧と心拍数変動に関する研究」単著2015年03月
(平成27年)
大阪河?リハビリテーション大学紀要
9巻(2号)
p.71-p.77 
3.「脳卒中片麻痺を呈する患者における回旋運動が歩行動作に及ぼす影響(第2報)」共著2016年03月
(平成28年)
大阪河?リハビリテーション大学紀要10巻p.73-p.79 
4.「脳卒中片麻痺患者における体幹部回旋運動が歩行動作に及ぼす影響」単著2018年03月
(平成30年)
城西国際大学紀要2018,26(3):19-36. 
(学会発表)
1.「脳卒中片麻痺患者における立ち上がり動作開始時姿勢と立ち上がり動作パターンの関係」単独2015年05月
(平成27年)
第52回日本リハビリテーション医学会学術集会リハビリテーション医学52巻
Suppl(2015) S402
 
2.「脳卒中片麻痺者に対する体幹部回旋他動運動が歩行動作に及ぼす影響

 ―歩行動作時の下肢関節の動きから―」
単独2015年06月
(平成27年)
第50回日本理学療法学術大会理学療法学42巻
Suppl( 1号) p.107 
3.「脳卒中片麻痺者における座面高が歩き始め動作の足圧中心に与える影響について」共同2015年06月
(平成27年)
第50回日本理学療法学術大会理学療法学42巻
Suppl( 1号) p.79
 
4.「脳卒中片麻痺者に対する体幹部回旋他動運動が歩行動作に及ぼす影響

 ―麻痺側swing動作の変化から―」
共同2016年05月
(平成28年)
第51回日本理学療法学術大会プログラム集 p.71
O-NV-14-1
 
5.「脳卒中片麻痺患者の咬合が歩行に及ぼす影響について」共同2016年05月
(平成28年)
第51回日本理学療法学術大会プログラム集 p.76
P-NV-21-5 
6.「足漕ぎ車椅子が脳卒中片麻痺者の歩行に与える影響について」共同2016年05月
(平成28年)
第51回日本理学療法学術大会プログラム集 p.76
P-NV-21-5
 
7.「脳卒中片麻痺者の立ち上がり動作パターンの検討―上方移動開始時の身体重心と足圧中心の位置関係から―」単独2016年06月
(平成28年)
第53回日本リハビリテーション医学会学術集会The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine第53回日本リハビリテーション医学会学術集会S62 
8.「脳卒中片麻痺者における骨盤前傾運動が歩行動作に及ぼす影響」共同2017年05月
(平成29年)
第52回日本理学療法学術大会 
9.「立位前方リーチ動作開始における足圧中心の分析
 −先行随伴性姿勢調節がリーチ距離に与える影響−」
共同2017年05月
(平成29年)
第52回日本理学療法学術大会 
10.「咬合が脳卒中片麻痺者歩行の対称性に及ぼす影響について」共同2017年05月
(平成29年)
第52回日本理学療法学術大会 
11.「脳卒中片麻痺者における立ち上がり動作時の関節運動的特徴
 ―体幹下肢の関節運動からみた検討―」
共同2017年06月
(平成29年)
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会 
12.「健常中高齢者における立ち上がり動作の解析
 ―脳卒中片麻痺者に用いた分類からの検討―」
共同2018年06月
(平成30年)
第55回日本リハビリテーション医学会学術集会 
13.「足漕ぎ車椅子の導入が脳卒中片麻痺者の歩行機能に与える効果について
 〜シングルケーススタディーでの検討〜」
共同2018年11月
(平成30年)
第16回日本神経理学療法学会学術大会(2019.11.11)データ収集および執筆の指導 
14.「Contraversive Pushingに対し高座位からの立ち上がり及び立位アプローチの有用性
 シングルケーススタディABA法を用いた2症例の検証」
共同2018年11月
(平成30年)
第16回日本神経理学療法学会学術大会(2019.11.11) 
(講演・公開講座等)
1.「脳卒中に対する座位・立位・歩行の 実践的アプローチ
 明日からの臨床に活かす理論と技術」
単独2017年09月
(平成29年)
公益社団法人日本理学療法士協会主催理学療法士講習会
場所:総合リハビリテーション伊予病院
 
2.「脳卒中に対する座位・立位・歩行の 実践的アプローチ
 明日からの臨床に活かす理論と技術」
単独2018年09月
(平成30年)
公益社団法人日本理学療法士協会主催理学療法士講習会講師
場所:総合リハビリテーション伊予病院
 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる