もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナクリハラ ヤスシ職 位助教所 属 福祉総合学部
 理学療法学科
氏  名栗原 靖
主  な  学  歴
年  月事         項
1997年04月
(平成9年)
千葉県立 千葉高等学校(入学)
2000年03月
(平成12年)
千葉県立 千葉高等学校(卒業)
2002年04月
(平成14年)
東京都立保健科学大学 保健科学部(入学)
2006年03月
(平成18年)
東京都立保健科学大学 保健科学部(卒業)
2013年04月
(平成25年)
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科(入学)
2016年03月
(平成28年)
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科(修了)
主  な  職  歴
年  月事         項
2006年04月
(平成18年)
季美の森整形外科 理学療法士
2012年04月
(平成24年)
姫島クリニック 理学療法士
2012年10月
(平成24年)
北小岩整形外科 理学療法士
2017年04月
(平成29年)
城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科 助教
学会及び社会における活動等
所属学会◎日本理学療法士協会会員、◎日本臨床バイオメカニクス学会会員、◎臨床歩行分析研究会会員、◎理学療法科学学会会員、◎日本バドミントン学会会員、◎日本臨床スポーツ医学会会員、日本人工関節学会会員
年  月事         項
2006年05月
(平成18年)
日本理学療法士協会会員 (現在に至る)
2011年04月
(平成23年)
日本臨床バイオメカニクス学会会員 (現在に至る)
2013年05月
(平成25年)
臨床歩行分析研究会会員 (現在に至る)
2015年05月
(平成27年)
理学療法科学学会会員 (現在に至る)
2018年03月
(平成30年)
日本バドミントン学会会員 (現在に至る)
2018年05月
(平成30年)
日本臨床スポーツ医学会会員 (現在に至る)
2019年01月
(平成31年)
日本人工関節学会会員 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
2011年05月
(平成23年)
第46回日本理学療法学術大会 宮崎 セレクション演題「変形性膝関節症のGradeの違いによる歩行特性」
2018年11月
(平成30年)
第28回日本呼吸ケア・リハビリテーション学術集会 優秀演題賞「健常児のPeak Cough Flow」
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2018年10月
(平成30年)
赤十字ベーシックライフサポーター
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
 
 
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
国家試験対策委員2018年04月
(平成30年)
授業外に開講し(原則,春学期秋学期ともに週1-2コマ),国家試験対策問題の作成・指導,試験監督等の一連の対応に従事.春休み・夏休みの国家試験対策につながる課題を作成.
2.作成した教科書、教材  
整形外科学2017年09月
(平成29年)
主に,整形外科的触察法の内容について講義担当
日常生活活動学実習2017年09月
(平成29年)
主として,関節リウマチ,人工関節全置換術,下肢骨折の介助方法と練習指導に関する講義を担当
運動学実習2017年09月
(平成29年)
主に,歩行分析に関する実験およびレポート作成指導に従事
理学療法セミナー?2017年09月
(平成29年)
レポート作成指導および臨床技能評価に関する指導を担当
整形外科学2018年04月
(平成30年)
主に,整形外科的触察法の内容について講義担当
運動学実習2018年09月
(平成30年)
主に,歩行分析に関する実験およびレポート作成指導に従事
日常生活活動学実習2018年09月
(平成30年)
主として,脊髄損傷,関節リウマチ,人工関節全置換術,下肢骨折の介助方法と練習指導に関する講義を担当
理学療法セミナー?2018年12月
(平成30年)
臨床技能評価に関する指導,実技試験官を担当
理学療法セミナー?2019年09月
(平成31年)
臨床技能評価に関する指導・実技試験官を担当
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項  
日本大学バドミントン部のトレーナー帯同2006年04月
(平成18年)
平成18年4月から平成21年3月までの期間(原則,週2回),同部にトレーナー帯同を実施した.内容は,練習現場,大会等において選手のケア・コンディショニングおよび身体パフォーマンスに対して介入を行った.
千葉国際高校サッカー部のトレーナー帯同2007年04月
(平成19年)
平成19年4月から平成21年3月までの期間(原則,週1回),同部にトレーナー帯同を実施した.内容は,練習現場,大会等において選手のケア・コンディショニングおよび身体パフォーマンスに対し介入を行った.
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
第1回山武長生夷隅圏域合同会2017年05月
(平成29年)
山武長生夷隅圏域の地域リハビリテーションを活性化するため,機関・組織がリハビリテーションの立場から協力しあえる環境を作ることを目的に開催された.本学は圏域唯一のリハ専門職養成校として,地元に戻ってくる理学療法士育成を依頼された.?
第2回山武長生夷隅圏域合同会2018年05月
(平成30年)
平成29年度の圏域内における活動報告を行った.また,地域リハビリテーションを展開するうえで求められるリハビリ専門職の資質というテーマで議論を行い,活発な意見交換がなされた.
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(学術論文)
1.「運動課題に伴う動的荷重負荷の違いが足部の3次元的な変化に及ぼす影響
 下腿・足部セグメント間の角度変化に着目して」
単著2011年03月
(平成23年)
茨城県立医療大学 
2.「異なる歩行速度が歩行時の足部の動きに及ぼす影響
 下腿・後足部・前足部の動きに着目して」
共著2015年12月
(平成27年)
理学療法科学共同研究のため,分担困難 
3.「ランニング動作におけるアキレス腱伸張負荷を推察するための指標の検討」単著2016年03月
(平成28年)
国際医療福祉大学 
4.「A newly developed small floor chair put on an office chair reduces lumbar muscle fatigue by cyclically changing its lumbar supporting shape」共著2017年09月
(平成29年)
Journal Physical therapy science共同研究のため,分担困難 
5.「異なる骨盤肢位での端座位側方リーチ距離に座面圧中心移動距離が及ぼす影響と体幹機能との関連性
共著2017年12月
(平成29年)
理学療法科学共同研究のため,分担困難 
6.「革靴着用時とスニーカー着用時による歩行の相違
 運動学的・運動力学的比較」
共著2018年01月
(平成30年)
理学療法科学共同研究のため,分担困難.
 
7.「小学生バドミントン選手のスポーツ傷害受傷に関する調査研究」共著2018年06月
(平成30年)
理学療法科学共同研究のため,分担困難 
8.「傾斜条件における重心動揺の検討」共著2018年08月
(平成30年)
理学療法科学共同研究のため,分担困難 
9.「子どもの運動機能と運動習慣の調査から見えてきた現状
 千葉県内のスポーツフェアを通じて」
共著2018年08月
(平成30年)
理学療法科学共同研究のため,分担困難 
10.「日常生活動作の左右差と体幹の可動域・筋力との関連性」共著2018年10月
(平成30年)
千葉県体育学会共同研究のため,分担困難 
11.「臨床実習における理学療法士教育版RIMEMethodの教育効果」共著2018年11月
(平成30年)
リハビリテーション教育研究25号


共同研究のため,分担困難 
12.「ランニング動作の足部の運動特性とランニング障害発症因子の関連性
 足関節背屈制限,扁平足形状,下肢力学因子に着目して」
共著2019年01月
(平成31年)
日本臨床スポーツ医学会共同研究のため,分担困難 
13.「The relationship between movement of shank while running and foot alignment factors that lead to the onset of Achilles peritendinitis」共著2019年03月
(平成31年)
Journal of Physical Therapy Science共同研究のため,分担困難 
14.「大学女子ソフトボール選手の関節可動域と肩痛との関連性」共著2019年08月
(平成31年)
日本臨床スポーツ医学会会誌共同研究のため,分担困難 
(翻訳)
1.「股関節筋力は男女競技者における非接触性前十字靭帯損傷を予測する:前向き研究」単訳2018年11月
(平成30年)
理学療法ジャーナル 
2.「ランナーにおける,アキレス腱炎およびMedial Tibial Stress Syndromeと関連するバイオメカニクス的因子」単訳2019年01月
(平成31年)
理学療法ジャーナル 
(学会発表)
1.「ストレッチングが膝伸展運動の角速度に及ぼす影響:ハムストリングスの柔軟性に着目して」共同2006年05月
(平成18年)
第41回日本理学療法学術大会 群馬共同研究のため,分担困難 
2.「膝軽度屈曲位でのmuscle settingにおける内側広筋の選択的収縮について」共同2006年05月
(平成18年)
第41回日本理学療法学術大会 群馬共同研究のため,分担困難 
3.「健常成人女性の足趾把持筋力が片脚立位時における重心動揺へ及ぼす影響」共同2006年05月
(平成18年)
第41回日本理学療法学術大会 群馬共同研究のため,分担困難 
4.「アイスパックによるアイシング時間の違いが大腿四頭筋の筋持久力に及ぼす影響」単独2006年05月
(平成18年)
第41回日本理学療法学術大会 群馬共同研究のため,分担困難 
5.「変形性膝関節症のGradeの違いによる歩行特性」共同2011年05月
(平成23年)
第46回日本理学療法学術大会 宮崎 共同研究のため,分担困難 
6.「足部の内反・外反強制が骨盤回旋動作時の膝関節・股関節に与える影響」単独2011年05月
(平成23年)
第46回日本理学療法学術大会 宮崎共同研究のため,分担困難 
7.「着地動作における前足部と後足部の動きの違いについて」共同2011年05月
(平成23年)
第46回日本理学療法学術大会 宮崎共同研究のため,分担困難 
8.「歩行速度に着目した運動学的分析 下腿・足部セグメントによる検討」共同2013年05月
(平成25年)
第48回日本理学療法学術大会 愛知共同研究のため,分担困難 
9.「しゃがみ込み動作における予測的姿勢調節の分類と膝痛発症との関連
 足圧中心前後移動による検討」
共同2014年10月
(平成26年)
第33回関東甲信越ブロック理学療法士学会 千葉共同研究のため,分担困難 
10.「革靴着用が歩行に及ぼす影響
 運動学的・運動力学的検討」
共同2017年05月
(平成29年)
第52回日本理学療法学術大会 千葉共同研究のため,分担困難. 
11.「前脛骨筋に対する末梢神経連続パルス磁気刺激が脳卒中片麻痺患者の歩行に及ぼす影響」単独2017年11月
(平成29年)
第47回日本臨床神経生理学会学術大会 神奈川共同研究のため,分担困難. 
12.「地域高齢者における自主運動実施効果の検証」共同2018年07月
(平成30年)
日本予防理学療法学会第4回サテライト集会 埼玉共同研究のため,分担困難 
13.「The Investigation of Child's Motor Function and Motor Habits、 pain
 The Sports Fair in Japan」
共同2018年09月
(平成30年)
17th International Association for the Study of Pain
(Boston、USA)
共同研究のため,分担困難. 
14.「女子大学生中長距離陸上選手の競技成績とランニング動作時における骨盤の運動
学的因子との関連性」
共同2018年09月
(平成30年)
第37回関東甲信越ブロック理学療法士学会 栃木共同研究のため,分担困難. 
15.「女子大学生中長距離選手の競技成績に関連する身体機能要因の検討」共同2018年09月
(平成30年)
第37回関東甲信越ブロック理学療法士学会 栃木共同研究のため,分担困難. 
16.「健常児のPeak Cough Flow」共同2018年11月
(平成30年)
第28回日本呼吸ケアリハビリテーション学会 千葉共同研究のため,分担困難 
17.「人工膝関節全置換術における術前・術後の歩行分析
 コンポーネントの違いに着目して」
共同2019年02月
(平成31年)
第49回日本人工関節学会 東京共同研究のため,分担困難 
18.「人工膝関節全置換術による膝関節機能の変化
 コンポーネントの違いによる比較」
共同2019年02月
(平成31年)
第49回日本人工関節学会 東京共同研究のため,分担困難 
(助成金)
1.「ランニング時のアキレス腱伸張負荷を推察する指標の解明
 体幹・骨盤・大腿部に着目」
研究代表者2017年04月
(平成29年)
科学研究費補助金若手研究(スタートアップ) 
2.「動的姿勢制御を利用したランニング障害発症予防に繋がる方策の検討  」研究代表者2017年10月
(平成29年)
科学研究費補助金若手研究(S) 
(フィールドワーク等)
1.「股・膝関節人工骨頭全置換術術後に対する臨床的指標の検証」共同2018年04月
(平成30年)
千葉県千葉リハビリテーションセンター共同研究のため,分担困難 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
(1)大学生アスリートのスポーツキャリアアップ支援プログラムの構築研究分担者2017年05月
(平成29年)
城西国際大学
平成29年度学長所管奨励金
本研究は,本学女子駅伝部の大学生アスリートを対象に,運動機能面の評価や走行時の動作分析,および人の運動機能や筋の特性についての説明(フィードバック)を行い,大学でのスポーツキャリアップを科学的側面から支援することを目的とした.結果,大学内でスポーツキャリアを積むための障害の1要因としてスポーツ傷害が挙げられた.このことから,我々が実施したフィジカルチェックによるフィードバックは,スポーツ傷害予防に貢献できる1つの取り組みとなると考えられた.
(2)大学生アスリートのバランス機能とスポーツ傷害発症の関連性に対する検証
 スポーツ傷害発症予防のトレーニングメニュー開発に向けて
研究代表者2018年05月
(平成30年)
城西国際大学
平成30年度学長所管奨励金
研究分担者:柳澤健,烏野大,大塚正美,松田雅弘,高橋光平,大杉紘徳,桑江豊,森下勝行,河辺信秀,横井悠加,竹内秀一
概要:本研究では,本学の大学生アスリートを対象としたスポーツ傷害発症調査および,バランス機能に着目した分析を実施した.結果,本学の大学生アスリートのバランス機能は先行報告に比べて低く,スポーツ傷害発症数が多い傾向にあることがわかった.このことから,本学の大学生アスリートのスポーツ傷害発症予防において,バランス機能の向上に対する取り組みが必要であると考えられた.また,本研究によってバランス機能に関わる課題動作特性が明らかとなり,バランス機能の向上に対する着目点として活用できる可能性が考えられた.
もどる