もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナクマガイ レイコ職 位助教所 属 看護学部
 看護学科
氏  名熊谷 玲子
主  な  学  歴
年  月事         項
1975年04月
(昭和50年)
埼玉県立 熊谷女子高等学校(入学)
1978年03月
(昭和53年)
埼玉県立 熊谷女子高等学校(卒業)
1978年04月
(昭和53年)
東京医科歯科大学 医学部附属専門学校(入学)
1981年03月
(昭和56年)
東京医科歯科大学 医学部附属専門学校(卒業)
1989年04月
(平成元年)
東京都立医療技術短期大学 看護教員養成講座(入学)
1990年03月
(平成2年)
東京都立医療技術短期大学 看護教員養成講座(修了)
2001年04月
(平成13年)
放送大学 教養学部(入学)
2003年03月
(平成15年)
放送大学 教養学部(卒業)
2011年04月
(平成23年)
目白大学大学院 看護研究科 看護学専攻修士課程(入学)
2013年03月
(平成25年)
目白大学大学院 看護研究科 看護学専攻修士課程(修了)
主  な  職  歴
年  月事         項
1981年04月
(昭和56年)
埼玉県立 がんセンター 看護業務
1983年03月
(昭和58年)
日本医科大学付属病院 看護部
1985年05月
(昭和60年)
日本医科大学 多摩永山病院 看護部
(救命センター、循環器内科、泌尿器内科病棟、眼科外来)
1992年05月
(平成4年)
日本医科大学 千葉看護専門学校 開設準備室
1993年04月
(平成5年)
日本医科大学 千葉看護専門学校 専任講師
1999年04月
(平成11年)
日本医科大学 千葉看護専門学校 専任講師
2013年04月
(平成25年)
東都医療大学
2015年04月
(平成27年)
日本医科大学看護専門学校
2017年09月
(平成29年)
城西国際大学 看護学部 看護学科 助教
学会及び社会における活動等
所属学会◎日本看護科学学会、◎日本看護技術学会、◎日本老年看護学会、◎日本看護学教育学会
年  月事         項
2019年01月
(平成31年)
日本看護科学学会 (現在に至る)
2019年01月
(平成31年)
日本看護技術学会 (現在に至る)
2019年01月
(平成31年)
日本老年看護学会 (現在に至る)
2019年01月
(平成31年)
日本看護学教育学会 (現在に至る)
2019年01月
(平成31年)
日本看護協会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2019年01月
(平成31年)
看護師免許
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・基礎看護学 高齢看護学
・看護倫理学 老年看護学 看護技術
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例
 特になし
  
2.作成した教科書、教材  
老年看護学方法論演習15時間1単位(4月〜5月にかけて15回実施)2017年04月
(平成29年)
「老年看護学方法論演習」において以下の内容を行った。
1.老年看護学方法論演習ガイダンス
2.認知機能障害のある老年者とのコミュニケーション技術
3.移動障害のある老年者への援助
4.排泄障害のある老年者への援助
5.摂食・嚥下障害のある老年者への援助
6.老年者へのアクティビティケア
7.地域高齢者へのライフヒストリーインタビューの作成・発表
8.看護過程の展開
プロジェクト教育2017年04月
(平成29年)
4年次生4名にプロジェクト教育として看護の探求やフィールド教育・インターンシップ実習の事前学習も含め、1単位(7〜8回)の演習を行った。
国家試験対策、補習講義2017年06月
(平成29年)
4年次生の国家試験対策として、強化チームの学生に1コマ過去問の解説等行った。
フィールド教育・インターンシップ実習2017年07月
(平成29年)
4年次生4名にフィールド教育・インターンシップ実習(2週間)の指導を行った。
当実習病院におけるフィールド教育・インターンシップ実習の評価のための会議を企画・運営した。
プロジェクト教育ab2017年09月
(平成29年)
老年看護学領域において「認知症高齢者の食事への援助」をテーマに1.2年生8名のゼミで、文献検索、老人保健施設での実態調査を行った。29年5月〜11月まで20回の演習を通し、「認知症高齢者の食事場面の実態調査」のテーマで大学祭でポスター発表した。
老年看護学実習?2017年09月
(平成29年)
3年次生に平成29年9月から平成30年2月にわたり、老年看護学実習?として「介護老人保健施設・介護老人福祉施設での実習」5日間(約12人)を4クールの実習指導を行った。
今年度の実習評価を行った。
老年看護学実習?2017年09月
(平成29年)
3年次生に、「老年看護学実習?」として、病院での実習:老年看護過程の展開、5クール(15日間、約12人)の実習指導を行った。
今年度の実習評価を行った。
老年看護学方法論(15回:2単位30時間のうち3回実施)2017年10月
(平成29年)
1.障害・疾患をもつ老年者の看護1
 感覚機能の障害・疾患をもつ老年者の看護
2.障害・疾患をもつ老年者の看護2
 皮膚の障害・疾患、排泄障害をもつ老年者の看護
3.障害・疾患をもつ老年者の看護3
 循環器疾患をもつ老年者の看護
上記3回分の講義を行った。

基礎看護学実習B2018年02月
(平成30年)
2年次生に、基礎看護学実習Bとして、病院実習(看護過程の展開)6名8日間の実習指導を行った。
プロジェクト教育2018年04月
(平成30年)
「プロジェクト教育」1単位(8コマ)を4年次学生4名に看護の探求とフィールド教育・インターンシップ実習の事前学習も含めゼミ形式で行った。
プロジェクト教育ab2018年05月
(平成30年)
老年看護学領域において、1・2年生のゼミ活動(1単位)として、学生研究活動助成金を受け、以下のテーマで実施した。
「A地区の”高齢者件健康サロン”の主体的取り組み
−リアルタイム笑顔度測定技術を用いて− 」
地域包括ケア概論2018年05月
(平成30年)
「地域包括ケア概論」30時間2単位中の以下2コマを行った。
1.老年看護の倫理的課題
2.倫理的課題のグループ学習
卒業研究2018年05月
(平成30年)
「卒業研究」1単位を4年次生1名に指導した。
テーマ
「意思決定を委ねられた家族の葛藤とその葛藤への看護に関する文献レビュー」
フィールド教育・インターンシップ実習2018年06月
(平成30年)
「フィールド教育・インターンシップ実習」2単位(2週間)を4年次生4名に実習指導を行った。
地域包括ケア方法論演習a2018年06月
(平成30年)
「地域包括ケア方法論演習a」において、15時間1単位を8コマ、以下の内容を行った。
1.地域包括ケア方法論演習aガイダンス
2.認知機能障害のある老年者とのコミュニケーション
3.看護過程の展開
4.看護過程の展開
5.移動障害・排泄障害のある老年者への援助
6.高齢者へのアクティビティケア
7.摂食・嚥下障害のある老年者への援助
8.高齢者疑似体験
9.地域高齢者へのライフヒストリーインタビュー
IPE―高齢者疑似体験2018年07月
(平成30年)
「IPE―高齢者疑似体験」(2コマ)に関して、薬学・福祉総合と連携して実施できるよう、企画・運営した。
地域包括ケア方法論演習aの2コマ分の授業内容でもある。
報告については作成中である。
地域包括ケア実習a2018年09月
(平成30年)
「地域包括ケア実習a」(施設実習と病院実習)3単位を3年次10〜11人のグループで、5クール実習の指導を行った。
地域包括ケア方法論a2018年10月
(平成30年)
「地域包括ケア方法論a」30時間2単位の中の5コマ行った。
1.高齢者の生活機能とアセスメント1
2.障害・疾患をもつ高齢者の看護1
3.障害・疾患をもつ高齢者の看護2
4.障害・疾患をもつ高齢者の看護3
5.障害・疾患をもつ高齢者の看護5
地域包括ケア実習c
2019年01月
(平成31年)
「地域包括ケア実習c」(地域包括支援センター)1単位を
3年次生に実施中
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項  
シニアウエルネス大学における講話2017年07月
(平成29年)
シニアウエルネス大学における受講者への授業として、1コマ、「口から食べることを支える摂食・嚥下ケア」演習を行った。
千葉県実習指導者講習会
「実習指導の実際」
2018年09月
(平成30年)
千葉県実習指導者講習会「実習指導の実際」において、「老年看護学領域」の講義(2時間)、指導案作成・ロールプレイ・リフレクション等の演習(18時間)、実習指導実習の実際(2日間)にかかわった。
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献
 特になし
  
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(学術論文)
1.「看護学生の高齢者へのライフヒストリー・インタビュー体験による学び

 グループ学習後のレポート分析」
共著2019年01月
(平成31年)
平成30年度 城西国際大学紀要掲載予定実施計画、データ収集・分析、結果・考察記述等総括 
2.「高齢者に対する「発話」促進援助による嚥下機能、生理機能、心理的側面への効果」共著2019年01月
(平成31年)
平成30年度 城西国際大学紀要掲載予定共著 
3.「老年看護学演習におけるアクティビティケア体験の成果
 絵画療法と音楽療法を用いた演習による学生レポートの分析」
共著2019年07月
(平成31年)
老年看護学 第24巻 第1号 (2019年7月末発行予定)老年看護学演習の授業の運営およびデータ収集を担当した。 
(学会発表)
1.「老年看護学演習におけるアクティビティケア体験学習の意義
 アートセラピーと音楽療法体験レポートの分析」
共同2018年06月
(平成30年)
第19回日本認知症ケア学会大会
朱鷺メッセ (新潟県新潟市)
「アクティビティケア体験」の演習の運営およびデータ収集を担当した。 
2.「高齢者へのライフヒストリー・インタビューを体験することによる学び」共同2018年08月
(平成30年)
日本看護学会―看護教育−学術集会
広島国際会議場
実施計画、データ収集・分析、結果・考察記述等総括 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる