もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナカワクボ エツコ職 位准教授所 属 看護学部
 看護学科
氏  名川久保 悦子
主  な  学  歴
年  月事         項
1983年03月
(昭和58年)
日本大学芸術学部美術学科(卒業)
2004年03月
(平成16年)
千葉県立衛生短期大学第一看護学科(卒業)
2009年03月
(平成21年)
群馬大学医学部保健学科看護学専攻(卒業)
2011年03月
(平成23年)
群馬大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程(修了)
2016年04月
(平成28年)
群馬大学大学院保健学研究科保健学専攻博士後期課程(入学)
主  な  職  歴
年  月事         項
2004年04月
(平成16年)
至誠会第二病院 
2011年04月
(平成23年)
群馬パース大学 保健科学部 看護学科 助教
2014年04月
(平成26年)
目白大学 看護学部 看護学科 助教
2017年04月
(平成29年)
城西国際大学 看護学部 看護学科 准教授
学会及び社会における活動等
所属学会◎日本認知症ケア学会、◎北関東医学会、◎日本看護技術学会、◎日本看護研究学会、◎日本看護教育学会、◎日本看護科学学会
年  月事         項
2009年10月
(平成21年)
日本認知症ケア学会 (現在に至る)
2011年05月
(平成23年)
日本老年看護学会 (現在に至る)
2011年08月
(平成23年)
北関東医学会 (現在に至る)
2013年11月
(平成25年)
日本看護技術学会 (現在に至る)
2014年10月
(平成26年)
日本看護研究学会 (現在に至る)
2014年11月
(平成26年)
日本看護教育学会 (現在に至る)
2015年05月
(平成27年)
日本看護科学学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
 特になし
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2011年03月
(平成23年)
修士(保健学)授与権者:群馬大学
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・高齢者看護
・認知症ケア
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
地域包括ケア方法論a、生涯発達論、地域包括ケア方法論演習a、卒業研究、フィールド教育・インターンシップ、地域包括ケア実習a、地域包括ケア実習c
2019年01月
(平成31年)
上記授業を担当し、教材を作った。
2.作成した教科書、教材
 特になし
  
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項  
資格2017年04月
(平成29年)
認知症ケア上級専門士(2017年4月)
保健師免許 (2009年4月)
看護師免許 (2004年4月)
中学校1級、高等学校2級教諭免許状(美術・工芸)(1984年4月)
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
シニアウエルネス大学
口から食べることを支える摂食・嚥下ケア
2017年07月
(平成29年)
高齢者の低栄養、摂食・嚥下障害について講演した。実際に介護食を用い、方法や適応について教授した。
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(学術論文)
1.「『認知症高齢者に対する「絵画療法プラン」の実践と評価』」共著2011年11月
(平成23年)
The Kitakanto Medical Journal 61(4),499-508P.筆頭 
2.「『認知症高齢者に対するアートセラピーの評価指標に関する文献検討』

単著2013年03月
(平成25年)
群馬パース大学紀要15号.87−98p 
3.「『認知症高齢者のアートセラピーにおける介入評価と実践的方法の工夫』」共著2014年07月
(平成26年)
認知症ケア学会誌13(2).500-511p.筆頭 
4.「『看護基礎教育における教授法の工夫−老年看護学領域における演習科目の授業展開の工夫』」共著2016年01月
(平成28年)
群馬パース大学紀要14号.21−29p.筆頭 
5.「『認知症高齢者のアートセラピーに対するニーズの分析』」共著2016年01月
(平成28年)
認知症ケア学会誌14(4).847-857p.筆頭 
6.「老年看護学実習における学生が行うアクティビティケアの学び
 −「アクティビティ計画用紙」と「アクティビティケア評価用紙」を用いた現状分析―」
共著2017年03月
(平成29年)
群馬パース大学紀要22号、11〜22p 
7.「高齢者に対する「発話」促進援助による嚥下機能、整理機能、心的側面への効果」共著2019年03月
(平成31年)
城西国際大学紀要 平成30年度
6番目 
8.「看護学生の高齢者へのライフヒストリー・インタビュー体験による学び
 グループ学習後のレポート分析」
共著2019年03月
(平成31年)
城西国際大学看護学部 紀要 平成30年度2番目 
9.「老年看護学演習におけるアクティビティケア体験の成果
 絵画療法と音楽療法を用いた演習による学生レポートの分析」
共著2019年07月
(平成31年)
老年看護学 第24巻 1号 (2019年7月発行予定)筆頭 
(学会発表)
1.「『Implementation and Evaluation of ”Art Therapy” for Older
Persons with Dementia』
共同2011年07月
(平成23年)
The2nd Japan-KOREA Joint Conference on Community Health Nursing筆頭 
2.「『認知症高齢者に対する歌・書道・絵画療法の複合的アクティビティケア実践と評価その2』」共同2012年05月
(平成24年)
第13回日本認知症ケア学会筆頭 
3.「.『デイサービスを利用している認知症高齢者へのアートセラピーの効果−少人数グループにおける介入−』」共同2012年06月
(平成24年)
日本認知症ケア学会第14回大会筆頭 
4.「.『認知症高齢者に対するアートセラピーの評価尺度の文献レビューと今後の課題』」単独2012年07月
(平成24年)
第17回日本老年看護学会 
5.「『老年看護学領域における演習科目の授業展開の工夫』」共同2013年06月
(平成25年)
第18回日本老年看護学会筆頭 
6.「『認知症高齢者のアートセラピーに対するニーズの分析』」単独2014年05月
(平成26年)
第15回日本認知症ケア学会大会筆頭 
7.「.『老年看護学実習における学生が行うアクティビティケアの実際と学生が認識する効果 アクティビテイ計画・評価用紙を導入した結果』」共同2014年06月
(平成26年)
第19回日本老年看護学会学術集会筆頭 
8.「『老年看護学実習におけるアクティビティケアの学生の学びと施設スタッフによる評価−テキストマイニングによる傾向−」単独2015年06月
(平成27年)
第20回日本老年看護学会学術集会 
9.「『認知症高齢者の認知機能レベルに応じたアートセラピーのプログラムと評価方法の開発』」共同2015年12月
(平成27年)
第35回日本看護科学学会学術大会筆頭 
10.「『認知症高齢者に対するアートセラピーの全国実態調査』−スタッフの意識に焦点を当てて−」単独2016年06月
(平成28年)
第17回日本認知症ケア学会大会 
11.「老年看護学演習におけるアクティビティケア体験学習の意義
 ―アートセラピーと音楽療法体験レポートの分析―」
共同2018年06月
(平成30年)
第19回日本認知症ケア学会大会筆頭 
12.「高齢者へのライフヒストリー・インタビューを体験することによる学び」共同2018年08月
(平成30年)
日本看護学会―看護教育−学術集会 
広島国際会議場
2番目 
(講演・公開講座等)
1.「「城西国際大学公開講座(東金市)」
 体験!アクティビティケア すっきりいきいきアートセラピーの効果」
単独2017年09月
(平成29年)
城西国際大学城西国際大学・東金市教育委員会主催 
(助成金)
1.「認知症高齢者の認知機能レベルに応じたアートセラピープログラムと評価方法の開発」研究代表者2012年04月
(平成24年)
科学研究費補助金基盤研究(C) 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
(1)認知症高齢者の認知機能レベルに応じたアートセラピープログラムと評価方法の開発研究代表者2012年04月
(平成24年)
科学研究費補助金
基盤研究(C)
研究課題番号:24593525
(2012〜2014年度:4,000,000円)
研究代表者:川久保悦子
研究分担者:内田陽子
研究分担者:伊藤まゆみ(2012〜2013)
認知症高齢者に対するアートセラピーのプログラムと評価方法の開発を行った。評価表案を作成し全国の1000施設のスタッフを対象とし自記式質問紙調査をした。121件のデータ分析をした。アートセラピーのプログラムと評価方法の信頼性と妥当性を確認できた。
(2)日本語版The Greater Cincinnati Chapter Well-Being Observattion Tool の開発のための基礎研究研究代表者2018年06月
(平成30年)
城西国際大学(学内助成金)
平成30年度看護学部共通研究費
海外で使用されている評価尺度の日本語版を作成する。
もどる