もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナミシマ タケノスケ職 位助教所 属 国際人文学部
 国際交流学科
氏  名三島 武之介
主  な  学  歴
年  月事         項
1996年04月
(平成8年)
私立弘学館高等学校(入学)
1999年03月
(平成11年)
私立弘学館高等学校(卒業)
1999年04月
(平成11年)
京都大学 総合人間学部(入学)
2003年03月
(平成15年)
京都大学 総合人間学部(卒業)
2003年04月
(平成15年)
京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士前期課程(入学)
2007年03月
(平成19年)
京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士前期課程(修了)
2007年04月
(平成19年)
京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程(入学)
2013年03月
(平成25年)
京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程(修了)
主  な  職  歴
年  月事         項
2013年04月
(平成25年)
早稲田佐賀高等学校 専任教諭
2018年04月
(平成30年)
早稲田大学 総合研究機構 情報教育研究所 招聘研究員
2018年04月
(平成30年)
城西国際大学 国際人文学部 国際交流学科 助教
学会及び社会における活動等
所属学会◎戦略研究学会、◎関西アメリカ史研究会、◎日本アメリカ史学会、◎アメリカ学会
年  月事         項
2007年05月
(平成19年)
戦略研究学会 (現在に至る)
2011年01月
(平成23年)
関西アメリカ史研究会 (現在に至る)
2016年05月
(平成28年)
日本アメリカ史学会 (現在に至る)
2016年06月
(平成28年)
アメリカ学会 (現在に至る)
賞         罰
年  月事         項
2016年03月
(平成28年)
平成27年度 京都大学総長裁量経費 人文・社会系若手研究者 出版助成 取得
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
2013年03月
(平成25年)
博士(人間・環境学)甲第17662号(人博629号) 京都大学より取得(主査:前川玲子教授)
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・史学
・政治学
・経済学
・ヨーロッパ史・アメリカ史・国際関係論・経済史・教育社会学
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例  
効果的教育方法の実践例2018年07月
(平成30年)
効果的な教育方法を常に目指し、改善を実施している。具体的には以下の通りである。
(1)視聴覚教材の活用 パワーポイントで授業を展開し、学生の関心を高めるため、統計図、写真、風刺画などを積極的に使用し、見せる授業としても完成度を高めた。
(2)配付教材の充実 パワーポイントで示した講義内容をコンパクトにまとめた講義ノートを出席者に配付し、予習・復習および試験準備に役立てるよう促した。
効果的教育方法の実践例2019年01月
(平成31年)
効果的な教育方法を常に目指し、改善を実施している。具体的には以下の通りである。
(1)双方向授業 学生とのコミュニケーションを重視し、今学期の講義では、学生からの発言・質問を促すため、発言者・質問者に対して発言回数に応じて成績評価を加算した。また、科目によっては、教室でのグループ・ディスカッションおよびプレゼンテーションを行い、学生が主体的に授業に参加するよう促した。
(2)ICTの活用 学生が所有しているスマートフォンを使い、講義内容に関連する重要事項について調べ、多くの情報から理解する必要のある情報のみを抽出し、それをまとめて書き、グループごとに内容を確認するという作業を行った。
(3)視聴覚教材の活用 パワーポイントで授業を展開し、学生の関心を高めるため、統計図、写真、風刺画などを積極的に使用し、見せる授業としても完成度を高めた。
2.作成した教科書、教材  
視聴覚教材・配付物2019年01月
(平成31年)
授業内容に即したパワーポイントを準備し、教材とした。授業配付物として、資料集などから自作した副教材、期末試験対策テストなども作成して使用した。
JIU「未来講座」ワーキンググループ2019年01月
(平成31年)
本学全学部の新入生〜2年生を対象とする未来講座のうち、「グローバル社会」をテーマとするプログラムの構成原案を作成した。また、映像教材作成のため、出演する教員・卒業生・在学生の募集にもあたった。
3.教育上の能力に関する大学等の評価  
平成30年度春学期学生による授業評価2018年10月
(平成30年)
評価は概ね3.8〜4.6の範囲に入っている。図書館利用、オフィスアワー利用などについて改善の余地がある。
4.実務の経験を有する者についての特記事項  
愛知県立大学外国語学部英米学科「政治学入門」2015年12月
(平成27年)
ゲストスピーカーとして、学部生1年〜4年対象を対象に講演した。その概要は、以下の通りである。
アメリカの優位を支える4つの国力―政治力、経済力、軍事力、戦略力の現状を中国・ロシアとのデータ比較を通じて検討し、特に政治力において減衰がみられることを指摘した。その上で、建国以来国家を二分した政治議題に一応の回答を与えてきた政治勢力が権威を喪失するに伴い、いわゆる「冷戦コンセンサス」が消滅し、議会におけるロビー活動や党派対立が激化し、「アメリカの分裂」と呼べる深刻な対立構造が出現している状況を概観した。
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
大学入試センター試験プレテスト2018年11月
(平成30年)
全学教務委員として、試験実施中タイムキーパーを務めた。
平成31年度大学入試センター試験2019年01月
(平成31年)
全学教務委員として、タイムキーパー、問題用紙・解答用紙配付などの役割分担を行い、主任監督員を務めた。
2019年度 千葉県立成東高等学校 つくもタイム「多文化共生」2019年05月
(平成31年)
第1回「グローバル化の光と影:現代アメリカを例に」と題し、アメリカのグローバル企業を題材に、グローバル・サプライ・チェーンがグローバル・バリュー・チェーンを形成し、それがアメリカ国内における階級間格差を生み出していることを説明した。
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(著書)
1.『「アメリカの世紀」を興したリーダーたち
 グローバル化に向けた国家改革』
単著2016年03月
(平成28年)
松籟社 
(学術論文)
1.「セオドア・ルーズヴェルトと門戸開放政策」単著2007年03月
(平成19年)
京都大学修士学位請求論文 
2.「ヘンリー・スティムソンの外交視座
 フィリピン統治を通じて」
単著2009年02月
(平成21年)
『社会システム研究』第12号pp.167-177 
3.「セオドア・ルーズベルトの国家戦略
 警察力概念の検討から」
単著2009年03月
(平成21年)
『年報戦略研究』第6号pp.235-248 
4.「戦間期におけるアメリカ海軍情報部
 その研究史を振り返る」
単著2009年05月
(平成21年)
『情報史研究』創刊号pp.81-101  
5.「フランク・ポーク
 ウッドロー・ウィルソン政権における先駆的『アメリカ外交政策エスタブリッシュメント』の一人として」
単著2011年02月
(平成23年)
『社会システム研究』第14号pp.45-56 
6.「革新主義期アメリカにおける国家改革
 グローバリゼーションへの対応としての国家指導者層の創成」
単著2013年03月
(平成25年)
京都大学博士論文 
7.「Teaching Writing
 Creative Expression Using a Dictionary」
単著2014年08月
(平成26年)
『平成26年度佐賀県私立中学校高等学校教育研修会実施集録』pp.69-76 
(書評・エッセイ等)
1.「Percy Cradock, Know Your Enemy: How the Joint Intelligence Committee Saw the World
単著2007年03月
(平成19年)
『年報戦略研究』第5号pp.337-339 
2.「Karl F. Inderfurth and Loch K. Johnson eds., Fateful Decisions: Inside the National Security Council」単著2007年03月
(平成19年)
『年報戦略研究』第5号pp.321-322 
(学会発表)
1.「フランク・ポークに観るアメリカ政治・外交の「統合」」単独2010年12月
(平成22年)
神戸大学日本政治外交史研究会 
2.「フランク・ポークに見る外交政策エリートの形成過程」単独2011年01月
(平成23年)
関西アメリカ史研究会 
3.「Teaching Writing
 Creative Expression Using a Dictionary」
単独2014年08月
(平成26年)
第31回佐賀県私立中学校高等学校教育研修会 
4.「The Liberal Internationalists in Japan and the US」単独2017年07月
(平成29年)
Asian Studies Conference Japan 
5.「セオドア・ローズヴェルトの「平和連盟」構想

 もう一つの国際連盟」
単独2018年05月
(平成30年)
日本西洋史学会 
6.「合評会:「三島武之介『「アメリカの世紀」を興したリーダーたち‐グローバル化に向けた国家改革』松籟社、2016」」単独2018年08月
(平成30年)
早稲田大学自動車部品産業研究所 
7.「「ウッドロー・ウィルソンのレガシー再考:『ウィルソン主義』から『人間ウィルソン』へ」」共同2018年08月
(平成30年)
第2回ニューディール研究会 
8.「合評会:島村直幸(著)『〈抑制と均衡〉のアメリカ政治外交 歴史・構造・プロセス』ミネルヴァ書房、2018年」共同2019年01月
(平成31年)
冷戦研究会第48回例会 
9.「合評会:「三島武之介『「アメリカの世紀」を興したリーダーたち‐グローバル化に向けた国家改革』松籟社、2016」」共同2019年01月
(平成31年)
北九州アメリカ史研究会 
10.「セオドア・ローズヴェルトについて」単独2019年03月
(平成31年)
第3回ニューディール研究会 
(その他)
1.「NHKスペシャル「シリーズ JAPANデビュー 第4回:軍事同盟 国家の戦略」 」単著2009年06月
(平成21年)
日本放送協会 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
 特になし
もどる